京都府の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

京都府の薬剤師求人
[colored_box color=”red” corner=”r”][icon image=”finger1-r”]sagasu 求人種別ごとに京都府の薬剤師求人を探す  >>[/colored_box]

tuucho 京都府 薬剤師平均年収
529万円 全国第 40 位

kyotoシミズ薬品が運営するドラッグストアダッグスや京都創業から30年近く経つドラッグひかり等が地元地盤企業としては有名です。

薬局数としては人口比率換算で30位とそれほど多くない地域となっています。男女ともに未婚率が高く、一人暮らしの人も多いという県民性があります。

また郷土愛は沖縄北海道に続き第2位となっていて、実家暮らしをしながら働くという人も多いのが特徴です。

<< 京都府の薬剤師分布参考地図 >>

<< 京都府の人口10万人における薬剤師数 【全国31位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
京都府 102.1人 122.0人 147.0人

京都府の薬局求人分布

京都市内の求人が非常に多いのが特徴となっています。JR線や京阪本線、京都市営地下鉄と交通の便が良いのが京都の特徴です。その反面求人と薬剤師の勤務者の偏りが大きいのも京都の特徴となります。薬剤師が足りている場所とそうでない場所で給与差の開きが大きいので通勤で通える範囲を四方でみていくのがいいかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
京都市北区 6.0%
京都市上京区 5.1%
京都市左京区 8.3%
京都市中京区 7.3%
京都市東山区 2.7%
京都市下京区 5.3%
京都市南区 2.6%
京都市右京区 7.7%
京都市伏見区 10.4%
京都市山科区 4.7%
京都市西京区 4.3%
福知山市 2.0%
舞鶴市 3.7%
綾部市 0.6%
宇治市 7.3%
宮津市 0.4%
亀岡市 2.6%
城陽市 2.8%
向日市 1.8%
長岡京市 2.9%
八幡市 2.9%
京田辺市 2.0%
京丹後市 1.0%
南丹市 1.1%
木津川市 1.5%
乙訓郡大山崎町 0.1%
久世郡久御山町 0.3%
綴喜郡井手町 0.1%
綴喜郡宇治田原町 0.2%
相楽郡精華町 1.3%
船井郡京丹波町 0.3%
与謝郡与謝野町 1.0%

京都府の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02京都府の薬剤師求人を探すには『薬剤師ではたらこ』が便利です。薬剤師ではたらこを利用するメリットとしては、京都府の求人情報が他のサイトと比べてかなり多い事が1つの理由です。

また求人内容の比較、例えば通勤圏内◯◯分以内の求人案件の情報を全部比較検討してくれるというサービスもある様です。インターネット上の情報は確かに便利ですが細かい条件の比較検討には少し向いていないというデメリットもあります。

とにかく自分の条件でどんな求人あるのかひと通り確認したいという方にはいいのではないでしょうか。

京都府のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

正社員勤務の求人情報も多くありますが、京都でのパート・アルバイトの求人を探したいという時に相談するといいのが、『薬剤師プロ』です。京都では24時間営業というお店も多く、高額な給与や収入で働きたいという人でも色々と情報を得る事ができそうです。

また京都府内では薬剤師の過不足の割合が偏っている地域が多く、同じ様な仕事内容と職場環境でも給与の差が開きやすい地域がある様です。その辺の情報もチェックしつつ職場を探すといいかもしれません。

京都府の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri京都府内で派遣や短期単発といった勤務形態で働きたい人にもオススメなのが『ヤクジョブ.com』です。特殊な求人案件の情報量が多いので、仕事を探し始めてから働き始めるまでにあまり時間を要さず仕事につけるというメリットもあります。

京都での複雑な路線ごとの検索ができるので通勤圏内を主軸として求人を探す事ができるというのも魅力的な点でもあります。

京都府のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork京都西陣/園部(出)/ハローワークプラザ烏丸御池/明治安田生命京都ビル1階 /京都七条/京都七条 労働課/ハローワークプラザ山科/伏見/京都田辺/木津(出)/木津地方合同庁舎1階 /福知山/綾部(出)/舞鶴/峰山/宮津(出)/宇治/ハローワークプラザ城南

求人サイトも便利ですが、もう一つハローワークを利用するという手段もあります。薬剤師専門の担当者にという事にはなりませんが、自分の希望の収入金額や場所、スキルや条件を伝える事で情報を引き出してきてくれます。

遅くまで営業している店舗が多い京都府での求人の選び方

drug

薬剤師が働ける場所の特徴の流れとしては、昔と違い最近では個人店よりも大型の企業の職場が増えてきています。ドラッグストアはどんどん全国展開を進め、調剤室も店舗の中にあるという店舗も少なくありません。

薬剤師の業務は全体的に増えたといっても良いとは思うのですが、その働き方も多様化しています。24時間営業、土日出勤、転勤、、、と業界の競争が激しくなるほどお客さんに提供する内容を良くするために、勤務時間帯の範囲が伸びたり商品知識が豊富に有ることが求められたりします。

京都府では夜遅くまで営業している店舗が多い地域となっている様でその様な勤務形態も珍しくないそうです。給与が良くて夜勤があるという方が好みな人もいるかもしれませんが、土日は家族のために休みたいという人は応募する前に、その企業がどの方向性や事業展開をしているのかを確認することも重要です。