佐賀県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

佐賀県の薬剤師求人

tuucho 佐賀県 薬剤師平均年収
590万円 全国第 10 位

saga佐賀県は全国平均と比較しても薬剤師の数が多い県と言えます。それに伴い薬局数の人口比率もも2008年の時点では全国で最も多いという調査結果もあります。

人口集中度は46位と県内全体の分散傾向にあるため車での通勤を選ぶ人の割合も多い様です。

病気関連については、全国比較で肝臓ガンの女性患者数が多く、癌関連の病気が多い傾向にあります。

溝上薬局、あさひドラッグ、ドラッグストアアミズプラスといったチェーン店舗が点在します。特に溝上薬局は本社が佐賀の水ヶ江に位置し佐賀全体の店舗数はかなり多いと言えます。

<< 佐賀県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 佐賀県の人口10万人における薬剤師数 【全国9位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
佐賀県 131.3人 156.5人 174.5人

佐賀県の薬局求人分布

佐賀県の人口が県内に分散しているという事もあり、他県と比較をすると薬局の場所も点在している傾向にあります。最も集中しているのは長崎本線の佐賀駅周辺で202号線や久留米辺も比較的店舗数が多くなっているので、求人がみつかりやすい場所といえるかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
佐賀市 35.8%
唐津市 13.6%
鳥栖市 8.0%
多久市 2.3%
伊万里市 5.4%
武雄市 5.9%
鹿島市 3.1%
小城市 5.2%
嬉野市 3.4%
神埼市 3.6%
神埼郡吉野ケ里町 1.7%
三養基郡基山町 1.3%
三養基郡上峰町 0.8%
三養基郡みやき町 2.3%
東松浦郡玄海町 0.4%
西松浦郡有田町 2.3%
杵島郡大町町 0.8%
杵島郡江北町 1.0%
杵島郡白石町 2.9%
藤津郡太良町 0.2%

佐賀県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02転職の理由は様々で、全ての人がスキルアップを計り転職を計画していはいないと思います。会社都合や人間関係が元で転職を考えているという人も少なくありません。

薬剤師は職場によっては狭い空間で働くというところもあるためストレスを抱えやすい雰囲気の職場もあるそうです。職場の人間関係や雰囲気までを全てリサーチすることはできませんが事前に調べておくことに越した事はありません。長期的に働く職場を選ぶ事を考えると『薬剤師ではたらこ』の様な大手を利用するのがオススメです。

佐賀県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

パートアルバイトの仕事を探す時にまず確認したいことは、自分が望む労働条件の優先順位がどのようになっていおるかという事を確認した方がいいでしょう。例えば子育てが優先事項であれば勤務時間が何時から何時までなら保育園に迎えに行くことができる。

残業があると、それに対応して融通を利かすことができない等人それぞれだとは思いますがその辺を整理しながら職場選びを進める事が大切になります。それに加えいざ求人情報を探そうという時にはできるだけ多くの情報を比較できる求人サイトを利用することです。佐賀県では『薬剤師プロ』を使うと多くの情報を集める事ができるのでオススメです。

佐賀県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri一度働いた事のある人なら面接の流れや基本のマナーといった事は心得ているとは思うのですが、常識はずれな事が1つでもあると不採用になりかねないのも派遣転職の特徴となります。慣れている事でも再確認してから転職活動に臨む事が失敗しないコツにもなります。

転職におけるマナーや履歴書、サポート体制はその意味でも重要となります。派遣等の仕事を探すにはその辺のサポートも丁寧で求人情報も多く提示してくれる『ヤクジョブ.com』がオススメです。

佐賀県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork現時点佐賀県のハローワークは全部で6箇所あります。佐賀/唐津/武雄/伊万里/鳥栖/鹿島です。

薬剤師の人はすでに薬剤師として薬を扱う仕事を希望しているという前提条件があるという人が多いかと思います。ハローワークは薬剤師専門の職業紹介所ではないので、細かい部分の情報を得る事は薬剤師専門の求人サイトよりはできないかもしれませんがそれでも多くの人が利用する職業紹介施設です。

また情報量も人材紹介会社に負けず多くありますので、しっかりと選択したいという人はハローワークに通うのも良いと思います。

昔の薬局と今の薬剤師の職場環境

drug

労働環境である勤務時間、給与等求人を選ぶ際にはどうしても条件ばかりに目がいってしあまいがちです。というのも求職票等にはそのような条件ばかりが羅列だれていますよね。

しかし長期的に働く上で大切となるのにはもうひとつやりがいという部分はとても大切になります。というのも、

『昔から薬局は「町の健康ステーション」、そして薬剤師は「町の科学者」の役割を担っていました。それは健康相談から医薬品の販売、薬草や食べられるキノコの見分け方の教示、そしてさまざまな地域の保健衛生にかかわることでした。

信じられないかもしれませんが、昔の薬局は注射もできました。本来、薬局は小規模でも多機能であったのです。現在、「保険調劑を中心に行なう」薬局では保険調剤以外では少しの医療材料やー般薬が置いてあるにすぎないところも多く存在します。

ちなみに、ドラッグストアでも調剤を行なっているところは、薬局としての機能を備えていますし、取扱い品目も何万点、売り場面積与拡大傾向にありますので、大規模多機能刀といえるかもしねません。すべての薬局がこのような機能を備えているとはいえませんが、サービスの幅がかなり広がっています。』

とあるように昔はできて今できない薬剤師のサービスもあるのですが、今だからできるサービスの範囲は商品数や働く場所の多様化で様々な形になっています。佐賀県にもドラッグストアという形態から町の薬局、小規模な店舗から大規模な売り場面積を抱える職場まで様々だとは思うのすが、そこの環境が生み出すサービスの形態というのにも注目して求人は選んでいきたいものです。