奈良県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

奈良県の薬剤師求人

tuucho 奈良県 薬剤師平均年収
510万円 全国第 46 位

nara奈良県は全体的に薬剤師求人が少ない傾向にあります。その原因としては薬局数が他県と比べ少なく全国的にみても、人口における薬局比率では42位と職場自体の数が少ない傾向にあります。

因みに最も薬局数の数が少ないのは福井県となっています。そのため薬剤師の平均給与も少し低い年収水準という結果になっています。またサンドラッグやエムズドラッグといった企業の店舗も多いのが特徴です。またあんまやはり、きゅう施術所といった店舗は全国で最も多い事も影響しているのかもしれません。

平均的な数値はこの様な結果ですが、全ての薬局が平均値に合わせてという訳ではもちろんありませんので、じっくりと探す事が重要となります。

ドラッグストアチェーンとしては、タケダドラッグやファーマシー木のうたといったドラッグストア企業が奈良県地盤として有名なところとなります。

<< 奈良県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 奈良県の人口10万人における薬剤師数 【全国15位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
奈良県 104.8人 132.3人 157.7人

奈良県の薬局求人分布

奈良市に集中して県内の4分の1位の薬局が集中しています。全体的にはどちらかといいますと北の地域の方が求人が多いというケースが多い様です。隣接する大阪や京都の地域での求人も視野にいれる事で見つけやすいといえるかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
奈良市 25.4%
大和高田市 4.3%
大和郡山市 8.1%
天理市 5.1%
橿原市 10.5%
桜井市 5.1%
五條市 2.0%
御所市 2.0%
生駒市 9.7%
香芝市 6.1%
葛城市 1.6%
宇陀市 2.2%
生駒郡平群町 1.6%
生駒郡三郷町 1.4%
生駒郡斑鳩町 2.0%
磯城郡川西町 0.4%
磯城郡田原本町 1.4%
高市郡高取町 0.6%
北葛城郡上牧町 1.4%
北葛城郡王寺町 3.2%
北葛城郡広陵町 1.2%
北葛城郡河合町 1.8%
吉野郡吉野町 0.4%
吉野郡大淀町 1.8%
吉野郡下市町 0.6%
吉野郡天川村 0.2%
吉野郡十津川村 0.2%

奈良県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02奈良県での薬剤師求人の選択肢を増やすには『薬剤師ではたらこ』を利用することがまず効率の良い探し方です。

他の求人サイトと比較しても多くの求人情報を閲覧し比較することができ、隣接する京都、大阪、滋賀、三重、和歌山の求人情報の選択肢も同時に多く調べる事ができるのもメリットの1つと言えます。

奈良県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

パートアルバイトは時間帯条件または地域にによって時給にかなりの差がでます。特に薬剤師のパートの場合は他の職種よりもその傾向が顕著に表れる事が多くどの求人が自分に合うかを検討する価値は十分にあると言えます。

そのためにも、必要なのが情報です。『薬剤師プロ』は全国的に薬剤師のアルバイト情報にも強く利用しやすいのでオススメです。

奈良県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri必ずそうとも言えませんが、比較的どの職種もパートアルバイト等よりも派遣での仕事が時給が高い傾向にあります。しかし派遣は即戦力となるスキルが必要になるのが心配という人も多い様です。

確かに現場で直ぐに活躍を求められるというケースが多いのも事実ですが、必ずしもそうではなくゆっくり仕事を覚えてもらってもとりあえず人材を確保したいという職場がある事もあります。その辺の事情はしおっかりと調べなければわからないところでもあります。

一番確実なのは面接や人材紹介会社での聞き取りをしっかり行うという事です。オススメなのは薬剤師の人材紹介会社の『ヤクジョブ.com』で、全国的にもしっかりとした派遣を行っているので一度相談してみるのもいいかもしれません。

奈良県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork奈良/大和高田/桜井/下市/大和郡山、奈良県のハローワークは5箇所に所在します。ハローワークと求人サイトのどちらを利用すればいいのかというところは迷う点の1つでもありますが、実際問題どちらがいいというのはかなり運に左右される部分も多く、時間があれば両方利用するのがベストです。

しかしハローワークはどうしても足を運ぶ、待ち時間等の労力がかかる事も少なくありませんのでその辺のスケジュール配分も重要となります。

日本国内の薬剤師資格を海外で利用する事ができるのか

drug

奈良県では隣接する県が多いので、求人が他に無いという場合には求人を探す幅を他県に伸ばす事ができます。それではその範囲を海外にまで伸ばす事は可能なのでしょうか。

日本国内ではもちろん薬剤師としての資格を国内で使う事は問題が無いことですが、海外となるとそれはほぼ不可能の様です。薬剤師は特に薬のとり違いが大きな事故につながるという可能性が大きい事もあり、海外で薬剤師として働くには海外の大学をでて薬剤師の資格を取り直してという手順になります。

言語の壁ももちろんありますが、他の一般的な職種と比べるとハードルが高くなるとも言えるでしょう。ただ薬学の文化が無い国というのも殆ど無く、日本と海外の薬学の橋渡しとなる企業や研究機関等のポジションは探してみる価値はあるかもしれません。