宮城県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

宮城県の薬剤師求人

tuucho 宮城県 薬剤師平均年収
578万円 全国第 15 位

miyagai宮城県の薬局の数は全国で12位となっています。主要なドラッグストアとしては、ツルハドラッグやサンドラッグ、マツモトキヨシ、ヤマザワ調剤薬局等が有名です。

ダルマ薬局もありますが、マツモトキヨシの子会社化によりマツモトキヨシグループの1つとなっている様です。また地元地盤では富士薬品グループのくすりのベル等があります。

医療関係の県民性としては、介護療養型医療病床施設や療養病床数が全国で最も少ない県となっています。また完全失業率は全国で4位(2009年)と少し高めの水準となっています。

<< 宮城県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 宮城県の人口10万人における薬剤師数 【全国13位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
宮城県 106.3人 135.1人 161.5人

宮城県の薬局求人分布

仙台駅を中心として放射状に広がって店舗が分布している傾向があります。4号線やバイパス等の交通機関を利用するか、東北本線を軸として通勤経路を考えるといいかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
仙台市青葉区 19.5%
仙台市宮城野区 8.4%
仙台市若林区 5.6%
仙台市太白区 9.2%
仙台市泉区 8.6%
石巻市 5.7%
塩竈市 2.6%
気仙沼市 2.5%
白石市 1.8%
名取市 3.1%
角田市 1.4%
多賀城市 2.6%
岩沼市 1.7%
登米市 2.7%
栗原市 3.9%
東松島市 1.2%
大崎市 6.5%
刈田郡蔵王町 0.4%
柴田郡大河原町 1.7%
柴田郡村田町 0.5%
柴田郡柴田町 1.7%
柴田郡川崎町 0.5%
伊具郡丸森町 0.3%
亘理郡亘理町 0.8%
亘理郡山元町 0.7%
宮城郡松島町 0.5%
宮城郡七ヶ浜町 0.2%
宮城郡利府町 0.9%
黒川郡大和町 0.7%
黒川郡大郷町 0.2%
黒川郡富谷町 1.2%
加美郡加美町 1.2%
遠田郡涌谷町 0.4%
遠田郡美里町 0.7%
牡鹿郡女川町 0.1%
本吉郡南三陸町 0.3%

宮城県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02もちろん求人広告を直接探しにいくという方法もありますが、帰宅後の深夜でも転職活動ができる求人情報を入手する方法が最近ではかなり強くなってきています。インターネットを利用する求人広告を同時にチェックすることはかなり重要な手段です。

在職中に転職活動をしようとすると、仕事の合間を縫って求人広告を探したり ・会社を抜け出して電話したり、昼休みに履歴書を書いたりと、時問のやりくりが大変です。求人サイトはたくさんありますが宮城県で薬剤師求人を探すには『薬剤師ではたらこ』がオススメです・

宮城県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

しかし求人の広告内容にも差がありパートやアルバイトといった時には、『薬剤師プロ』を使うといいと思います。薬剤師プロはアルバイト関係の情報が多く、良い会社があれぱホームぺージで概要を知ることもできます。

同時に応募する際にもスムーズな流れがありますので、真夜中であろうと、何の気兼ねもいりません。採用担当者との連絡もメールなので、会社に電話はめったにありません。帰宅後の深夜でも、自宅で転職活動ができます。

宮城県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri派遣や単発関係では『ヤクジョブ.com』が便利です。宮城県内の求人情報を検索することはもちろん、薬剤師転職求職者にとって便利であると同時に、採用者側のコスト削減にっながるという利点があります。

派遣は特に間に会社を挟むという事がほとんどなので、「告知はインターネットだけ」という募集が大多数を占めています。また、人材紹介会社と契約し、非公開で求人するケースも増えています。

宮城県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork宮城県内のハローワークは、

仙台/ハローワークプラザ青葉/ハローワークプラザ泉/大和(出)/石巻/石巻 立町臨時庁舎/石巻ビルディング1階・3階 職業相談/高卒(予定)者相談コーナー/塩釜/古川/大河原/白石(出)/築館/迫/気仙沼

となります。ハローワークを中心として求職するという場合はインターネット上でも検索をかける事ができますが、できればハローワークまで行き求職登録を済ませた方が効果的に利用ができると思います。

高齢化社会と薬剤師の立ち位置の重要性

drug

街中やレストランの中で、高齢者を見かけるこ亡が多くなったと思いませんか。宮城県は療養型の病床数が全国と比較しても少ない事から、高齢化社会への対応が心配される県の1つだと思います。

有るデータによると、平成17年には、5人に一人が65歳以上という推計(19.9%)が示されています。

これが現在ではさらに進み、2013年時点では若者が高齢者を支える人数は2.3人、2025年にはこれがまた進み1.8人になるとの事です。そんなことで日本は今、世界に類を見ないー高齢社会を迎えているわけですが、対策が何もされていない訳ではありません。

対策としては

『2000年に介護保険制度が誕生し、介護の必要なー同齢者の問題は国民全体の問題となりました。行政主導で実施されていた老人福祉の部分を保険者から徴収する保険料でまかない、高齢者は介護度の認定を受けたあと、介護度に応じて設定された支給限度額まで保険から介護サービスを受けることができます。そして、これまで市町村や社会福祉法人に限定されていたサービスの提供が、民間会社やボランティア団体などのあらゆる団体の参入が可能となました。』

薬剤師としての立ち位置もさらに重要になってくることが間違いなく、高齢者に向けた医療へのスキルアップが必要になるかもしれません。