宮崎県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

宮崎県の薬剤師求人

tuucho 宮崎県 薬剤師平均年収
656万円 全国第 1 位

miyazaki宮崎県は薬剤師の従事者数の人口比率が全国で37位と少ないからか、薬剤師の平均年収は全国で最も高額の656万円となっています。

また通勤時間も全国で最も短い平均時間の48分とあまり遠くまで通勤する人の割合も少ない様です。因みに最も通勤時間が長い県は千葉県の96分となりますのでおよそ倍の時間の差があります。

ドラッグストアではディスカウントドラッグコスモス、ドラッグイレブン等がチェーンとしては多くあります。

また調剤薬局では日本調剤が多くあります。

<< 宮崎県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 宮崎県の人口10万人における薬剤師数 【全国37位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
宮崎県 93.2人 115.2人 142.2人

宮崎県の薬局求人分布

薬局やドラッグストアの分布をみますと、宮崎市、都城市、延岡市が宮崎県の中でも主要な割合を占めています。日豊本線と沿岸沿いの国道10号線を中心が目立ちます。内陸部では隣接する鹿児島県や熊本県の求人も視野に入れて探してみるのもいいかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
宮崎市 37.5%
都城市 14.6%
延岡市 12.0%
日南市 6.3%
小林市 5.7%
日向市 6.2%
串間市 1.4%
西都市 2.4%
えびの市 1.4%
北諸県郡三股町 1.5%
西諸県郡高原町 0.5%
東諸県郡国富町 1.5%
東諸県郡綾町 0.3%
児湯郡高鍋町 2.6%
児湯郡新富町 1.2%
児湯郡西米良村 0.2%
児湯郡木城町 0.2%
児湯郡川南町 1.2%
児湯郡都農町 0.5%
東臼杵郡門川町 1.9%
東臼杵郡美郷町 0.3%
西臼杵郡高千穂町 0.5%
西臼杵郡五ヶ瀬町 0.2%

宮崎県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02

正社員や長期契約の人材を採用しようとする場合、採用者は、会社の財産となる人材を探すのですから応募書類の時点からどのようなキラリと光る人材を探しだす事ができるのかという事は採用者にとってとても重要です。

そのためにも 採用者側がどういった気持ちで自分の書いた応募書類を読むか、想像力を働かせる必要があります。それと同時にやっておきたいのが添削です。
いくら想像力を働かせたとしても客観的な視点はどうしても必要となります。履歴書をどのように書いたらいいのか、採用側が求めているポイントは記載されているか等を事前にチェックしておきたいものです。添削は第3者がいなければできませんので求人サイトや人材紹介会社のエージェントに見てもらうのがいいかと思います。

宮崎県内の求人情報量もありそのようなサポートでも定評がある『薬剤師ではたらこ』を利用するのがオススメです。

宮崎県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

通勤時間が最も短い県である宮崎県ですが、家に帰ってから求人を探すのにはやはり多くの時間を確保しにくいという事もあります。仕事を継続しながら次の働く場所を探すという人は多いかと思います。

そんな時に便利なのが24時間営業のインターネットです。パートやアルバイトといった広告は何もインターネットだけではなく店舗での張り紙といった情報の収集の仕方もありますが、店先で求人情報をぼーっと観ているのもなんだか恥ずかしいという経験をした事のあるという人もすくなくないのではないでしょうか。

インターネットだけではもちろん足りない情報が多くありますが、求人サイト等を活用する方がいいかもしれません。宮崎県のアルバイト、パート情報ではでは『薬剤師プロ』が情報量も多くオススメです。

宮崎県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri派遣等の仕事を探すのであれば『ヤクジョブ.com』が便利です。路線ごとの情報を引き出す事もできますので例えば日豊本線/肥薩線/吉都線/日南線/宮崎空港線といったカテゴリーで求人情報をチェックすることもできます。

宮崎県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork宮崎県内のハローワークは、『宮崎/ハローワークプラザ宮崎/延岡/ハローワークプラザ延岡/日向/都城/日南/高鍋/小林』の全9箇所にあります。

「転職活動はいつ始めたらいいか」というのはハローワークを利用する場合でもかなり重要な問題になる事があります。というのも退職してからの就職活動は、お金の問題が大きな壁になります。自己都合で退職した場合雇用保険が支給されるのは、早くても4力月後です。税金や保険の支払いは待ってくれません。もちろん、家賃や生活費といった支出もあります。

退職してから始めるか、在職中から仕事を続けながら次の会社を探すか、そしてハローワークの雇用保険がいつごろ支給されるのかという確認のためにも一度行ってみるという事も必要かもしれません。

トクホのマークと薬剤師のアドバイスの重要性

drug

2010年のデータですが、宮崎県は男性の肥満率が全国で第2位という結果があります。特にそれが直接関係しているわけではありませんが、ダイエットブームもあり最近ではかなりの商品の表示ラベルにトクホのマークが散見されるようになりましたよね。

トクホのマークがついているだけで、その商品が何か健康的な効果をもたらしてくれるのではないかと思ってしまうのが不思議です。しかしこれだけトクホの商品が増えてくるとそれに伴いトクホの商品が一般の人の口に入る機会もそれだけ増えるという事にもなります。

国民の健康志向の高まりもあり、注目を集めているトクホは、生活習慣病の予防区大いに役立つ食品になると期待されています。しかし、トクホは疾愚を患つた人の治療薬に代わるものではありません。たとえば、血糖値が気になる方に適するトクホの商品表示にも「本品は食品ですので、疾病を治療するものではありません」と明記されています。

しかし、医師相談せずにトクホを飲食して、服薬を中止したために病状か悪化したという例もあります。また、服薬している医薬品と同じ効果を持つといわれるトクホを、わざわざ高いい金額で購入している場合もあるようです。スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど、どこでも購入できるトクホですが、服薬している薬や治療状況のとまで考慮して利用のアドバイスをしてくれる専門職はいません。

ここで薬剤師として重要になるスタンスとしては、トクホにも精通したかかりつけの薬剤師がいたならば、安心したヘルシーライフを送ることができる消費者が増えていくという事です。トクホがかなり効果的であると過信していたり誤解がある場合に修正や助言ができる薬剤師としての役割というのも必要な時代かもしれません。