山梨県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

山梨県の薬剤師求人
sagasu 求人種別ごとに山梨県の薬剤師求人を探す  >>

tuucho 山梨県 薬剤師平均年収
631万円 全国第 2 位

yamanashi薬剤師に限らず、全職種での年収ランキングは全国で20位と中堅クラスですが、薬剤師の平均年収は宮崎県に続き全国第2位となっています。

県民性をみていきますと、運転免許の保有率が高く全国で2番目に保有率が高い県です。(2010年データ)また賃貸住宅の空き家率も高いという特徴もあります。

最も空き家率が低いのが沖縄県ですが、それと比べると住居の選び安さという利点はあるかもしれません。ドラッグストアチェーンをみていきますと、地元地盤のクスリのサンロード、イタヤマメディコといった会社があります。

またツルハドラッグやマツモトキヨシといった全国的なチェーン店舗も進出してきているという傾向があります。

<< 山梨県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 山梨県の人口10万人における薬剤師数 【全国28位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
山梨県 105.8人 126.9人 149.4人

山梨県の薬局求人分布

内陸部にある山梨県の薬局や求人の分布は他県と比べ甲府市に集中度が高く、甲府市を中心とし放射状に広がる形になっています。甲府市意外の求人を探すという場合は国道沿いの立地が多いため、車通勤ができた方が選択肢が大幅に広がるでしょう。

市町村名 店舗数割合(%)
甲府市 34.7%
富士吉田市 7.8%
都留市 4.2%
山梨市 3.8%
大月市 2.7%
韮崎市 4.4%
南アルプス市 5.8%
北杜市 2.7%
甲斐市 6.7%
笛吹市 8.0%
上野原市 1.6%
甲州市 2.2%
中央市 5.1%
西八代郡市川三郷町 1.3%
南巨摩郡身延町 1.1%
南巨摩郡南部町 0.4%
南巨摩郡富士川町 1.6%
中巨摩郡昭和町 2.2%
南都留郡西桂町 0.2%
南都留郡忍野村 0.4%
南都留郡山中湖村 0.2%
南都留郡富士河口湖町 2.9%

山梨県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02山梨県県内での正社員薬剤師求人はかかりつけ薬局から、大手企業の求人を幅広くチェックできる、『薬剤師ではたらこ』で探すと良いでしょう。福利厚生や手当といった情報も細かく応募前に調べる事ができます。

特に薬剤師は技術職である面も強いので、未経験分野でのハードルが各会社によってどこまでなのか、またいままでの経験やスキルを活かすにはどうしたらいいのかを最大限工夫できる対策をしておきたいものです。

山梨県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

雇用条件をパートアルバイトととして薬剤師求人が比較的探しやすいのが『薬剤師プロ』です。勤務時間や出勤日数を調整して働き始めたいという方はいいかもしれません。

1つは求人候補を求人サイトにたずねて探してもらう、もう一つは情報収集を自分で探すという2つの入り口を作り、多くの情報の集め方ができれば一番いいかと思います。

どんな条件がいいかは人それぞれだと思いますが、出来る限り多くの情報があればいいかと思います。

山梨県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri未経験やブランクがあるという場合でも比較的見つけやすいのが『ヤクジョブ.com』です。処方せん枚数といった情報も記載してあったりしますので参考となる情報が多く利用しやすい特徴があります。

また派遣や単発という勤務形態の勤務先を探したいという時にも便利なのでオススメです。

山梨県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork甲府/(甲府新卒応援ハローワーク/富士吉田/大月/都留(出)/塩山/韮崎/鰍沢

甲府では平日に来れないという人向けに土曜日開庁を行っていたりするそうです。また新卒向けの情報や支援を強く行うハローワークや若者向けのヤングハローワークといった場所もあります。自分の適正に合う場所をリサーチしてから行くといいでしょう。

車保有率が高い山梨県でもドラッグストア勤務は地域にとって重要

drug

特に車を多く仕様する地域では住民や地域で暮らす人にとって重宝うる存在になってきたのがドラッグストアですよね。前述の通り山梨県は車の免許の保有率が全国で2番目に多いという状況でもあるため駐車場を広くとりやすいドラッグストアも多くあります。

それに伴い店内に調剤室を設けて処方せんを応需するドラッグストアも増えてきましたよね。昔のこんじまりとした薬局のイメージとは一転、もはやコンビニなのかスーパーなのかといった品揃えであるお店も増えてきていると思います。

医薬品が積み上げられ、小さな引出しのついた棚がらくさんある調剤薬局とは一変している状況がそこにはあるとも言えます。薬剤師の仕事としても、扱う商品が医薬品意外のOTCや日常生活品とかなり増え、さらにはポイントカードをつくり、それに加算をしてレジをうつという仕事内容にまで変化してきています。

同じ薬剤師の資格を持っていれも働く仕事内容や働く場所にはかなりの差がでてきている状態とも言えます。この事から自分がどちらの方面に進みたいかという事は将来やスキルに対してもかなり重要な分岐点になるはずです。