滋賀県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

滋賀県の薬剤師求人
sagasu 求人種別ごとに滋賀県の薬剤師求人を探す  >>

tuucho 滋賀県 薬剤師平均年収
548万円 全国第 33 位

shiga滋賀県の薬局店舗数は全国で40位となっていますのであまり多い方とは言えません。

地元地盤の企業ではアルファー薬品があります。またドラッグストアチェーンとしては、ジップドラッグやドラッグユタカといった企業の店舗数が多いのが特徴です。

またスギ薬局グループも滋賀県内に数多くあるグループ企業の1つとなっています。県民所得が高く、男性の平均寿命も全国で第2位となる年も有るなど、長寿な一方で病院の数等は2012年時点で46位と全国比較で少し少ないという傾向もあります。

<< 滋賀県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 滋賀県の人口10万人における薬剤師数 【全国29位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
滋賀県 88.8人 123.3人 149.1人

滋賀県の薬局求人分布

薬局分布は大津市が最も多く、比較的偏っている傾向にあります。県の中心に琵琶湖があるため、住まいの地域によっは隣接する県(福井県、京都府、大阪府、奈良県、三重県、愛知県、岐阜県)で求人を探すといった方法をとってもいいかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
大津市 26.0%
彦根市 11.9%
長浜市 6.8%
近江八幡市 7.6%
草津市 10.1%
守山市 6.4%
栗東市 4.6%
甲賀市 5.8%
野洲市 3.8%
湖南市 2.2%
高島市 3.8%
東近江市 6.4%
米原市 1.4%
蒲生郡日野町 0.8%
蒲生郡竜王町 0.2%
愛知郡愛荘町 1.4%
犬上郡豊郷町 0.8%
犬上郡多賀町 0.2%

滋賀県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02岐阜県内で薬剤師求人を探すという場合には800件前後の情報量がありますので『薬剤師ではたらこ』をまず利用してみるというのがオススメです。

情報収集を行う際には志望動機を会社に合った形で同時用意していくというのも効率的で且つ自分に合う会社を見つけるコツとなります。自分の希望だけではなく、その会社の求める人材はどんな人なのかという点も人材紹介会社の担当者にたずねるといいかもしれません。

滋賀県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

パート・アルバイトの求人に応募するときのポイントの1つとして、即戦力を求めているか未経験でゆっくり学んでという流れでもいいのかという点があります。

ここをあやふやにしてしまいますと、入職してから苦労をしたり精神的にもあまりよくないという事もあります。募集の時点ではあまり細かく記載されていないという場合や、特別な経験がすぐに必要というケースもあります。

面接前に一旦その辺の打ち合わせをしておくといいでしょう。滋賀県のパート勤務の人材紹介会社でオススメなのが『薬剤師プロ』です。

滋賀県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri滋賀県の薬剤師派遣での仕事を探すのであれば『ヤクジョブ.com』がいいでしょう。派遣の仕事をするときのポイントとしては、スキルと職場のギャップの確認をしっかりと行って置くことです。

特にブランクが空いているという場合や、未経験の仕事内容が多いという場合は、出来る限り忙しくない職場を選ぶという事がオススメとなります。忙しさという情報も求人広告には記載されないものなので、担当者に訪ねておくほうがいいでしょう。

滋賀県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork大津/高島(出)/長浜/彦根/東近江/甲賀/草津

が滋賀県内のハローワークとなります。初めてハローワークにいかれるという場合は求職票等の登録が必要になりますので、少し時間に余裕を持って行かれる方がいいかもしれません。

薬剤師の求人を選ぶ基準に『忙しさ』という基準を設けてみる

drug

忙しさというものはお客様に言い訳できない部分になってしまいますが、働く方にとってみてもかなり重要な求人を選ぶ要素になると思います。

先ほど記述した様に忙しさは求人広告に公示されませんが、サービスや自分が学ぶ環境や働き心地というものにも大きく影響してきます。

最近では求人広告にも『かかりつけ薬局』という単語を目にする様になりましたが、しっかりとお客さんとコミュニケーションをとれる職場で健康管理の相談も受ける事ができる処方歴アレルギー、サプリメント、介護関達などを把握していて気軽に相談でき、適切に対応してくれるかかりつけ薬剤師という働き方は薬剤師にとっても1つの魅力となりつつあります。

滋賀県内でも薬局と人口比率の偏り、また薬剤師の人員の偏りというのも多くあります。

単に暇であるという職場はそれはそれで辛いものがあるかもしれませんが、『忙しさ』という基準とやりがいのつながりを1つの選考基準として設けるのもいいかもしれません。