熊本県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

熊本県の薬剤師求人

tuucho 熊本県 薬剤師平均年収
567万円 全国第 23 位

kumamoto熊本県の薬剤師の過不足は平均的で、年収平均もそれに伴い平均クラスと言えます。ドラッグストアではディスカウントドラッグコスモスやドラッグイレブンといった店舗が多くあります。

熊本県が地盤の同仁堂といった企業も医薬品から生活雑貨といった幅広い展開に手をつけ始めている等、企業の新展開のサービスとともに新規オープンの求人も出始めている地域です。

弁当の消費量が全国で最も高く、ランチも弁当持参でという人も多い様です。男女ともに平均寿命が長く、薬剤師としての役割も重要な県となります。

<< 熊本県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 熊本県の人口10万人における薬剤師数 【全国25位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
熊本県 98.5人 119.0人 150.2人

熊本県の薬局求人分布

他県と比べ熊本県内に割合まんべんなく分布していますが、やはり熊本市内を全て合わせると県内の4割ほどの薬局分布となります。熊本市内では熊本電鉄菊池線、鹿児島本線、肥後本線といった路線を中心に通勤を考えるといいかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
熊本市中央区 15.5%
熊本市東区 9.5%
熊本市西区 4.7%
熊本市南区 6.2%
熊本市北区 7.4%
八代市 8.7%
人吉市 4.5%
荒尾市 2.8%
水俣市 2.2%
玉名市 3.6%
山鹿市 1.7%
菊池市 2.3%
宇土市 1.6%
上天草市 1.9%
宇城市 2.5%
阿蘇市 1.8%
天草市 5.7%
合志市 2.4%
下益城郡美里町 0.5%
玉名郡南関町 0.2%
玉名郡長洲町 0.7%
玉名郡和水町 0.2%
菊池郡大津町 1.4%
菊池郡菊陽町 1.7%
阿蘇郡南小国町 0.4%
阿蘇郡小国町 0.4%
阿蘇郡高森町 0.7%
阿蘇郡南阿蘇村 0.2%
上益城郡御船町 1.0%
上益城郡嘉島町 0.6%
上益城郡益城町 1.3%
上益城郡甲佐町 0.5%
上益城郡山都町 0.7%
八代郡氷川町 0.5%
葦北郡芦北町 1.0%
球磨郡錦町 0.4%
球磨郡多良木町 1.0%
球磨郡湯前町 0.2%
球磨郡水上村 0.1%
球磨郡あさぎり町 1.3%

熊本県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02求人を探す際には自分の『ウリ』となる部分をしっかりと整理しておくことも大切です。

この『ウリ』は例えば若さだったり経験だったりと何でもいいのですが、重要なのは意識して求人と照らしあわせ面接でどのようなアピールポイントになるのかも見通して考えて置くことです。面接の時に全くアピールできない求人をその時点で弾く事ができるので求人を探す時点というのがポイントです。

またこの『ウリ』は求人サイトの担当者に伝えて置くことで、エージェントも動きやすくなりますので事前にこんな長所があることは伝えておいた方がいいでしょう。

熊本県でも『薬剤師ではたらこ』で求人を探すと650件ほどの求人が見つかりますので、この求人サイトがいいかと思います。

熊本県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01正社員の求人の採用と比べますと、ハードルは少しさがりますが、その分重要なポイントはその求人の労働条件等が自分に合ったものかどうかという点が重要にもなります。

そのために必要な選択肢の多さを用意してくれるのが、『薬剤師プロ』となります。自分の通勤圏内で良さそうな勤務地の張り紙求人募集をチェックしたり求人広告媒体を探すのももちろん悪くはないとは思いますが事前の情報収集や条件の絞込には求人サイトを活用するのも効率アップにつながります。

熊本県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri熊本県内でも調剤やOTCといった求人をバランスよく探す事ができるのが『ヤクジョブ.com』です。特に派遣といった人材紹介業務も合わせて行っているので幅広く仕事を紹介してもらえます。

熊本県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork熊本県のハローワークは全部で10箇所あります。それが熊本/上益城(出)/八代/菊池/玉名/天草/球磨/宇城/阿蘇/水俣となります。

ハローワークへ行く時にスーツを着ていった方がいいのかと迷う方もいる様ですが、ハローワークへは特に正装をしていく必要はありません。ラフな格好で気楽に行ける場所です。

但しその日に求人案件を探して、紹介を受け、直ぐに面接という流れになる事もまれにある様です。しかし色々と準備や心積りも必要だと思いますので日をあらためてゆっくり探す方が無難です。

求人を選ぶ時にはそのお店の清潔感や外観もチェック

drug

働きたい職場を選ぶ際に1つ基準として置いておきたいのが、患者さんやお客さん目線でもこの薬局やドラッグストアに行きたいと思われる場所というのがあると思います。
ではいったいどのようなお店や薬局がそう思われるところなのでしょうか。例えばコミュニケーション1つをあげてみますと、

患者さんの薬物療法におけるファーマシューティカルケアで、薬剤師はどのようなコミュニケーション能力という視点があります。

大事なのは「この人ならせそう」という基本的信頼を築くためのコミュニケーションを作っていくことです。

実は、コミュニケーションは患者さんやお客さまと対面する前から始まっています。綺麗に拭かれたドア、メンテナンスされた薬局の外観、整理整頓された店内というものは、患者さんに「WELCOME」のメッセージを発しています。

逆に掃除されていない薬局は、出者さんやお客さまを大切にしていないというメッセージが、一瞬にして届いてしまいます。次に笑顔と感じのよい、タイ三ングのよい挨拶、非言語と言語での親身な態度によって「感じのよい薬劑師だな。話してみようか」、そして患者さんの話を「確認、共感」できることで「話をわかってもらえる」というべースの信頼が生まれます。

という事の様です。確かに汚い職場では単純に誰も働きたくありませんが、それの延長線上に自然とお客さんから話しかけにくい、信用できないというメッセージを店舗の清潔感や整頓された雰囲気等で表現してしまっているのかもしれません。

面接に応募するま前に一度はその店舗に足を運んでおきたいものですが、お店の外観や清潔感、そして整理された空間になっているかといったところにも目を配った方がいいかもしれません。