福岡県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

福岡県の薬剤師求人
sagasu 求人種別ごとに福岡県の薬剤師求人を探す  >>

tuucho 福岡県 薬剤師平均年収
590万円 全国第 24 位

fukuoka福岡県は人口比率における薬局数が全国で3位となります。少し古いデータですが、2,737軒人口10万人に対して54.41軒とかなり多い割合になります。

ドラッグストアや薬局チェーンの数もかなり多く、企業数が他県に比べてもかなりの数の企業が競合している地域とも言えるでしょう。

主要なドラッグストアではマツモトキヨシ、ドラッグイレブン、ドラッグセガミ、コスモス薬品といった大型チェーンがあります。

薬局では大賀薬局や日本調剤、新星堂薬局等があります。駅前の狭い敷地での薬局等も数多くありますので車での通勤ではなく、電車やバスといった交通機関を利用したアクセスを重視した求人選びもできそうです。

<< 福岡県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 福岡県の人口10万人における薬剤師数 【全国7位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
福岡県 122.8人 143.0人 177.1人

福岡県の薬局求人分布

博多駅、小倉駅から放射上に薬局の分布が広がっています。電車での通勤を考える場合は鹿児島本線を絡めて求人を探すと通勤が不便で無い地域での勤務地を探す事ができそうです。

また国道3号線や200号線といった地域でも探しやすいかと思います。

市町村名 店舗数割合(%)
北九州市門司区 2.9%
北九州市若松区 2.3%
北九州市戸畑区 1.5%
北九州市小倉北区 5.4%
北九州市小倉南区 4.1%
北九州市八幡東区 2.2%
北九州市八幡西区 5.5%
福岡市東区 4.3%
福岡市博多区 4.5%
福岡市中央区 5.3%
福岡市南区 4.9%
福岡市西区 3.4%
福岡市城南区 2.5%
福岡市早良区 4.7%
大牟田市 2.3%
久留米市 6.7%
直方市 1.3%
飯塚市 2.7%
田川市 1.4%
柳川市 1.2%
八女市 1.1%
筑後市 1.3%
大川市 0.5%
行橋市 1.6%
豊前市 0.6%
中間市 0.9%
小郡市 1.0%
筑紫野市 1.9%
春日市 1.3%
大野城市 1.6%
宗像市 1.4%
太宰府市 1.1%
古賀市 0.7%
福津市 0.7%
うきは市 0.8%
宮若市 0.4%
嘉麻市 0.6%
朝倉市 1.5%
みやま市 0.8%
糸島市 2.0%
筑紫郡那珂川町 0.7%
糟屋郡宇美町 0.3%
糟屋郡篠栗町 0.2%
糟屋郡志免町 0.9%
糟屋郡須惠町 0.2%
糟屋郡新宮町 0.4%
糟屋郡久山町 0.1%
糟屋郡粕屋町 0.6%
遠賀郡芦屋町 0.1%
遠賀郡水巻町 0.5%
遠賀郡岡垣町 0.4%
遠賀郡遠賀町 0.5%
鞍手郡小竹町 0.1%
鞍手郡鞍手町 0.2%
嘉穂郡桂川町 0.1%
朝倉郡筑前町 0.3%
三井郡大刀洗町 0.1%
三潴郡大木町 0.3%
八女郡広川町 0.3%
田川郡香春町 0.1%
田川郡添田町 0.0%
田川郡糸田町 0.1%
田川郡川崎町 0.3%
田川郡大任町 0.1%
田川郡赤村 0.0%
田川郡福智町 0.2%
京都郡苅田町 0.8%
京都郡みやこ町 0.3%
築上郡吉富町 0.2%
?築上郡上毛町 0.1%
?築上郡築上町 0.2%

福岡県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02薬剤師ではたらこ』が福岡県での求人を探すのには向いています。というのも、求人情報量が現時点で3000件弱ありますので、勤務地の選択肢としての情報をもらいやすいからです。

ただ単に選択肢が多ければいいというわけでもありませんが、希望の条件を提示した時に候補がみるかりやすいというメリットはあると思います。

福岡県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

同じ様な条件でアルバイトやパートの情報量が多くありますが『薬剤師プロ』です。院内薬剤師や自分の通勤で使う沿線での候補を条件を絞って提案してくれるので時間を考えて働きたいという人にいいかと思います。

同時に未経験等のスキルに関する心配も解消しながら探せるのもポイントです。

福岡県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri派遣から入りたいという人は『ヤクジョブ.com』を利用すると働きはじめやすいでしょう。薬剤師の派遣情報にはかなり強く、紹介予定派遣等も多くありますので、ゆくゆくその場所での勤務が気に入ったら正社員でという流れも同時に作る選択もできます。

職場の情報を事前に調べるのにもかなり適しています。

 

福岡県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork福岡県の公共職業安定所、ハローワークは下記の場所にあります。他県とも比べてかなり多い事業所数ですが、各ハローワークで行っているサービスごとに差がありますので、事前に確認して行くのがいいでしょう。

福岡中央(職業紹介・求人・雇用保険の給付窓口)/福岡中央赤坂駅前庁舎(雇用保険の加入窓口)/ハローワークプラザ福岡/飯塚/大牟田/八幡/八幡黒崎駅前庁舎(職業紹介・雇用保険の給付窓口/若松/戸畑/久留米/大川/小倉/門司/直方/田川/行橋/豊前/福岡東/八女/朝倉/福岡南/福岡西です。

ハローワークに初めて行かれるという人は大抵はハローワークの利用を開始するために、初期登録が始めにあります。総合案内の様なブースでまずは初期登録を済ませるという手順から入るといいでしょう。

職場の忙しさをリサーチして求人を選ぶ意味

drug

ドラッグストアや駅前薬局、そして院内薬局と近年では様々な形態がありますが、生活拠点が一定であれば個人で通う薬局やドラッグストアはそれほどたくさんの場所に通うわけではありません。
例えば高齢者であればかかりつけの病院や薬局がありますし、サラリーマンであれば通勤経路である便利な駅前薬局を常に使うかもしれません。

『薬局のしくみ』からは

『エリアマー乞アイング2003年3月に厚生労働省は「医療提供体制の改革のビジョン」を発表しました。そこでは、「今後の医療提供体制は、患者と医療人との信頼関係のもとに、患者が健康に対する自覚を一同め、医療への参加意識を持っとともに、

予防から治療までニーズに応じた医療サービスを提供さねる患者本位の医療を確立することを基本として進めるべきである」とまとめており、その中でのキーワードに「地域医療連携の推進」が挙げられています。

この地域医療連携の中で、薬局がいかに機能を果たすか、また、新たな機能をつくり出せるかがエリアマーケティングのテーマになってきます。医療の機能分化がさらりに進み、患者が病診連携の中で医療機関を移動する中でも、かかりつけ薬局は固定になりえますし、在宅医療へ移行した際にも訪問管理指導として支援が可能です。

毎日行なっている患者さんに対する調剤業務が基礎となり、その延長で必要となる新たなサービスにも積極的に他の機関と連携をとりながら取り組んでいくこと。つまり、薬局 ・ 薬剤師には地域密着で生きていく覚悟が求めれているといえるでしょう。』

とあります。

病院との連携や生活の中でのかかりつけの薬局という枠を超えて、かかりつけのドラッグストアや駅前薬局といった場所も増えてきている傾向があると思います。忙しい職場では中々コミュニケーションがお客さんととれないかもしれませんが、事前にその職場の忙しさをリサーチする事でやりがいの可能性を計る事もできるかもしれません。