薬剤師のパート勤務時間帯は希望とおりになるのか?

薬剤師は女性が多い薬剤師は元々女性が多い職種です。平成22年の厚生労働省の調べてによりますと、  男女比率は概ね男性:女性=3:4となっています。

昨今では女性の社会進出が叫ばれるようになってますが、 介護や看護師、薬剤師の免許を持っている人は、免許の強さ故か、何十年のブランクを超えて、再就職に強いというメリットがあります。

 総計 男性 女性
276517人 108068人 168449人
100.0% 39.1% 60.9%

薬剤師男女比率

パート勤務の希望時間帯選びも慎重に

パート勤務ドラッグストアパートで働くメリットの1つはなんといっても勤務時間帯のフレックス制です。家事や子育てといった背景があると最も重要なポイントにもなりかねません。

しかしこの勤務時間の調整がどこまでできるかを入職前にあまり下調べせずに勤務を開始してしまうと失敗してしまう原因の1つにもなります。

というのも、

 求職者 ⇒ なるべく勤務時間の希望を言いたい

 雇用者 ⇒ 『勤務時間応相談』の記載がないと中々人が集まらない

免許の有無に関係なく、パート勤務というシステムは、どこの企業にしても、求人広告通りに、自分の希望の時間帯の選択は、なかなか難しいとの事で、求人の掲載広告の不備で度々問題になります。

求人をする側にしてみれば、パートの時間給の一円でも多い所を探す人々がいる以上、勤務時間の相談に応じるとの表記がなければ、なかなか人材が集めにくい世の中になってきたのも事実です。

面接であまり深くきいてしまうと採否に関わるという不安はもちろんありますが、出来る限り自分のスケジュールに合う職場なのかという点はしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

Top