薬剤師の単発派遣、薬局やドラッグストアで求められる理由とは

 ドラッグストア + 薬事行為 ⇒ 薬剤師の常駐人数が必要

シフトの関係で欠勤がでるとう薬事法を守った営業ができない

昔に比べてドラッグストアがかなり増えましたよね。今やドラッグストアといえば調剤等の薬事行為を同時に行う販売店も少なく、そのような場所でも薬剤師が多く求められるという環境さえあります。

店舗が増えると同時に欠かせないのがスタッフです。薬事行為を行う場合、薬剤師の規定人数を満たす条件が欠かせ無いことになります。しかし常にシフトや人員配置が安定するというわけではありません。薬事行為を行う以上はう薬事法がからんできますので、常に薬剤師を規定の人数でドラッグストアでも配置をしておかないと運営ができません。

時間に切羽つまった急募等が多い

一般の販売店とは違い、薬剤師を安定的に配置しながら営業しなければいけませんので単発の派遣社員が重要となります。突然の欠勤ともなれば、ゆっくりとスタッフを募集している暇もなく切羽詰まった求人募集、つまり急募といういう形になります。

求職者としては高時給になりやすくブランク等に最適

単発で働くということ自体は長期的で安定した収入を見込むことができませんが、早く人員確保を確定しておきたいという意図が働くため急募の求人案件と言うことになります。時給も高めの求人となり採用率も上がる状態が予想されるでしょう。

単発での求人募集で働くには派遣会社に登録し情報が常に入る状態を作っておくこと、また求人募集情報が求める調剤技術レベルと自分のスキルを照らし合わせる事が重要と言えます。