認定薬剤師は役に立つ?資格を活かして転職をする

 認定 x 薬剤師 ⇒ 転職

2014-03-13_144622『認定薬剤師』というような名称でいくつかの団体が薬剤師に対して認定制度を行なっていますが、(財)日本薬剤師研修センターが認定する研修認定薬剤師制度が、現在は最も公的な認定といえるでしょう。

これは、免許取得後の薬剤師が一定期間内に集合研修や自己研修などにより定められた単位を修得し、資質向上の努力を継続しているという努力に対して、認定薬剤師証を発行することで、そのー定の能力を証明するという制度です。
研修認定薬剤師は自主的に生涯学習を継続しており、常に時代に即した薬学的ケアを行なえる薬剤師であるといえます。

医療技術は日進月歩であることはいうまでもありませんが、同様に薬剤師も常に最新の薬学を吸収し、薬に関しての知識や技能を身につけていなければなりません。人によって新しい知識を入れる時間があるのかないのかという事はライフスタイルによって大きく変わって差が出てくる所でもありますが、学生の時に学んだ事を活かしながら高度化する医療分野で社会のニーズに応えるためにもなんとか時間を作って自分の知識をアップデートしていくことも必要となるでしょう。

高度化する医療分野で薬剤師としての責務を果たすためには生涯にわたって学習が必要となるという事かもしれません。その様あな薬剤師としての勤めを果たす事をしやすい様に、仕事が終わってからの時間あるいは日曜日や休日といった時間でも講習会がたくさん開催されており、大勢の薬剤師が参加しています。

2002年にフンスで開催された「第62回国際薬剤師 ・ 薬学連合会議」では、「薬剤師が生涯にわたって職能的な知識 ・ 技能を維持するためには個々の薬剤師が、あらゆる機会を選捉えて積極的に知識 ・ 技術を取り込むことか重要で、従来の教育される立場から、自己責任で積極的に自らが能力開発を行なっていくことが必要である」という声明が出されました。

認定薬剤師の資格は薬剤師の転職に役に立つか

認定薬剤師の資格があることはもちろん転職活動にも大きく影響します。仕事をする上で新しい知識を吸収しているという姿勢もこの『認定薬剤師』を取得することでプラスの評価を受ける事ができる事は言うまでもないでしょう。

また『認定薬剤師』を持っているという事が将来的な昇給や給与に影響を与えるという職場も多くあります。プラスアルファで時間を割いて勉強をすることは簡単なことではありませんが、一歩進んだ薬剤師としての仕事ができるようにもなりますので、学んでみるのもいいかもしれません。