香川県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

香川県の薬剤師求人

tuucho 香川県 薬剤師平均年収
561万円 全国第 28 位

kagawa香川県は人口あたりの薬局数が全国8位と薬局数が比較的多めの県ともなっています。大手チェーンの薬局の傾向をみますと、くすりのレディやドラッグセガミといった企業が多くあります。

日本調剤も新店舗の出店がありますので、オープニングスタッフの募集をチェックしてみるのも求人を探す方法としてはいいかもしれません。

勤務時間としては遅くまで営業している店舗もそれほど多い県とはいえません。消費者にとっては少し不便ですが、勤務者としてはライフスタイルとの両立がしやすいとも言えるかもしれません。

<< 香川県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 香川県の人口10万人における薬剤師数 【全国8位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
香川県 127.1人 149.3人 174.6人

香川県の薬局求人分布

薬局の分布を参考にしますと、約4割程が高松市に集中しています。また駅や路線を参考にしますと琴平線沿いにも店舗が多くあります。そして高松駅というよりは瓦町周辺の方が求人も多いかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
高松市 42.7%
丸亀市 10.9%
坂出市 7.4%
善通寺市 4.2%
観音寺市 7.2%
さぬき市 4.2%
東かがわ市 2.8%
三豊市 5.2%
小豆郡土庄町 1.6%
小豆郡小豆島町 1.0%
木田郡三木町 2.6%
香川郡直島町 0.2%
綾歌郡宇多津町 2.2%
綾歌郡綾川町 2.2%
仲多度郡琴平町 1.8%
仲多度郡多度津町 2.4%
仲多度郡まんのう町 1.6%

香川県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02薬剤師ではたらこ』を利用すると求人を効率的に見つける事ができます。薬剤師ではたらこを使うメリットとしては、求人の情報量が多いという点もありますが、それと同時に、短時間勤務制度が整っている求人や住宅手当、福利厚生といった情報をかなり細かく要望として伝えそれに合った求人を提案シてくれることです。

正社員として勤務したいけで、子育て事情等で時間を融通してくれる求人を探したいというケースでも、丁寧に情報を提案してもらえるでしょう。

香川県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01香川県のパートアルバイト求人を探すには『薬剤師プロ』がオススメです。香川県内の求人情報も申し分ない情報量がありますので、パートアルバイトや派遣といった時給制で働きたいという方はこの求人サイトを使うといいでしょう。

車通勤ができる求人を考慮にいれて求人を探す事で選択しも増えますので、車通勤可の求人を中心に探してみるのもいいかもしれません。

またドラッグセイムスも店舗数がありますが、よどやドラッグもお客さんからの評判が良く店舗の中も広い店舗が多いので働きやすい職場の1つと言えるかもしれません。

香川県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri派遣に関しましては、『ヤクジョブ.com』を利用されると時間を有効活用ができたり、給与の融通等が効いて便利だと思います。

高時給で短期間勤務といった求人の幅もありますので、一旦ここで探し始めるというのもオススメです。

香川県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork香川県のハローワークは高松/ハローワークプラザ高松/丸亀/坂出/観音寺/さぬき/東かがわ(出)/土庄にあります。現在では8箇所となっております。

実際に事業所に足を運んだりしなければなりませんが、最寄りのハローワークで一度求人を探すというのも良いと思います。それぞれのハローワークで開庁日や時間がありますので、事前に調べるのが無難と言えます。

医師と薬剤師との連携をとり良い仕事を

drug特に病院や調剤薬局で勤務するという時には医師との連携が重要となります。

というのも医師と薬剤師との役割分担は連携をしっかりとることで患者さんや服用者への健康管理にはとても良い影響をあたえますが、逆にプラスアルファの気遣いでもあるグレーな箇所でもあるため、忘れがちな部分でもあります。医師と薬剤師の連携やコミュニケーションの分類は大きく分けると2つあるそうです。

単純に仕事を分担するということではなく、それぞねが独立した専門職として活躍し、より良い薬物療法を患者に提供するための、システムであり、薬剤師と医師の連携のもとに、医奢叩の適正使用を推進することが目的であるともいえます。薬剤師から医師へ情報提供が行なわれるケースには、大きく分けて2つあり、

  • 1つは医薬品に関するもの
  • もう1つは患者に服薬上の問題点があるとき

です。

医薬品に関するものとは、調剤するにあたって薬学的な疑問が生じた場合であり、錠剤を粉にする指示があるが、別のメーカーかーり同成分で散剤のものがあるとか、処方薬と他の医療機関から処方された医薬品の間に相互作用がある場合などです。患者の服薬上の問題点としては、副作用と思われる症状があった場合や、食事時間が不規則なため、きちんと服用できていないなど、医師の処方設計、患者の服薬の継続や中断の参考になるものです。

以上に様に医師と薬剤師の連携をしっかり意識することは面接での自己アピールの要素としてもプラスの評価を得る事ができそうです。