鹿児島県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

鹿児島県の薬剤師求人
[colored_box color=”red” corner=”r”][icon image=”finger1-r”]sagasu 求人種別ごとに鹿児島県の薬剤師求人を探す  >>[/colored_box]

tuucho 鹿児島県 薬剤師平均年収
619万円 全国第 5 位

kagoshima鹿児島県は薬剤師の平均年収が全国5位と高水準の平均年収となっています。県内のガソリンスタンド数の割合が人口比率でも全国1位なんですね。

それだけ車を利用して生活をしているという人が多いのかもしれませんが、それと同時にガソリン価格の平均は長崎に続き2番目に高いとのことなので、通勤手当には要チェックが必要です。

ドラッグストアでは、ミドリ薬品、ドラッグセイムス、ドラッグコスモス等が目立って点在しています。最近の新店舗では東北にも多くチェーン展開するツルハドラッグなんかも進出している様です。

<< 鹿児島県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 鹿児島県の人口10万人における薬剤師数 【全国9位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
鹿児島県 102.1人 123.8人 148.6人

鹿児島県の薬局求人分布

鹿児島駅と鹿児島中央駅周辺の薬局やドラッグストアの割合がかなり多くあります。また薩摩半島沿岸にかけて指宿枕崎線に沿っても分布が見られます。指宿や枕崎、226号線、270号線沿いも選択しが多いと言えます。

また川内や阿久根といった地域にも分布がみられるので国道3号線や肥薩おれんじ鉄道を軸に考えるのもいいかもしれません。

市町村名 店舗数割合(%)
鹿児島市 36.4%
鹿屋市 6.6%
枕崎市 1.6%
阿久根市 1.5%
出水市 4.3%
指宿市 2.6%
西之表市 0.6%
垂水市 1.2%
薩摩川内市 6.5%
日置市 3.0%
曽於市 1.9%
霧島市 5.7%
いちき串木野市 2.4%
南さつま市 2.6%
志布志市 1.5%
奄美市 3.8%
南九州市 2.1%
伊佐市 2.3%
姶良市 5.0%
薩摩郡さつま町 1.8%
出水郡長島町 0.3%
姶良郡湧水町 0.8%
曽於郡大崎町 0.3%
肝属郡東串良町 0.6%
肝属郡錦江町 0.8%
肝属郡南大隅町 0.3%
肝属郡肝付町 0.6%
熊毛郡中種子町 0.6%
熊毛郡南種子町 0.3%
熊毛郡屋久島町 0.3%
大島郡宇検村 0.1%
大島郡瀬戸内町 0.3%
大島郡龍郷町 0.1%
大島郡喜界町 0.2%
大島郡徳之島町 0.3%
大島郡和泊町 0.2%
大島郡与論町 0.1%

鹿児島県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02鹿児島での正社員求人を探すには『薬剤師ではたらこ』がオススメです。求人案件も800件弱の求人情報量があり他サイトと比較しても申し分のない情報量かと思います。

求人サイトを利用する際には自分で見つけるという方法と提案してもらうという方法がありますが、どちらにしてもその企業のバックグラウンドをリサーチすることを忘れずに行いましょう。店舗は何店舗あるのかや創業からどの位経過しているのか、本社はどこにあり理念といったところもチェックしておきたい部分です。

鹿児島県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

正社員の求人を探すには薬剤師ではたらこがオススメでしたが、一方パートやアルバイトといった求人を探すという場合は『薬剤師プロ』を利用する方が良いと思います。

パートアルバイトの求人情報を多く選択できるというのが最大の理由ですが、評判等も良く使いやすいというのもメリットです。

鹿児島県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri正社員やパート・アルバイトよりも派遣での求人情報を集めたいという時には『ヤクジョブ.com』がオススメです。鹿児島県に限った事ではありませんがヤクジョブは薬剤師の派遣業の中ではかなり利用者が多い会社で定評もあります。

派遣で就業したいと決めていなく検討中という事でも探してみるのもいいかもしれません。

鹿児島県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork鹿児島県内のハローワークが有る場所は下記の15箇所となります。

鹿児島/熊毛(出)/ハローワークかごしまワークプラザ天文館/川内/宮之城(出)/鹿屋/国分/大口(出)/加世田/伊集院/大隅/出水/名瀬/徳之島(分)/指宿

最寄りのハローワークに行く前には開庁時間やサービス内容をチェックしておいてた方がいいでしょう。というのもハローワークごとに行っているサービスに差があるというケースがあるからです。お住まいの住所によっては少し遠くのハローワークに行かなければならないという場合もあります。

医薬部外品を扱う店舗での薬剤師

drug

薬剤師としてドラッグストアでの求人を探そうとする人もいるかと思います。特に国道や車が多い地域ではコンビニエンスストアよりも便利なのではないかというドラッグストアが新店舗としてオープンするという光景を目にするという事も少なくありませんよね。しかしこのイケイケドンドンに見えるドラッグストアの就職も慎重に選ぶ必要があるかもしれません。

というのも、

『化粧品から介護用品、薬まで時にはお菓子や飲料水などの食料品までを販売するドラッグストア。とても便利なドラッグストアですが、日本にはいったい何店のドラッグストアびあるのでしょうか。

日本チエーンドラッグストア協会の調査(2003年度)によると約1万4000店、2005年5月時点で同協会に加盟する企業の店舗数1万1123店総売上高は3兆883億円に達しています。

そのため、同じ商圏内にいくっものドラッグストアが乱立し、競合が激しくなり、そのあおりを受けて地域密着の中堅ドラッグストア企業が倒産するケースが出てきています。最近では、競争に勝右抜くために、ドラッグストア同士の提携 ・ グループ化や差別化をねらった店舗改革が進んでいます。』

との事でもちろん全ての地域とは言えないかもしれませんが、多くの地域で飽和状態に達しつつあるという現状はこれから否定できない業界です。苦しい経営から人件費削減やブラックなドラッグストアといった職場になる可能性があるかどうかというところも見極めて就職先を選ぶ必要があるかもしれません。