薬剤師の短時間勤務が見つからない時の探し方

  薬剤師 x 短時間勤務 ⇒ 求人サイト x 直接探してもらう

一般的な労働時間は1日8時間といったところが相場です。場所によってはそれに加えて、残業時間が加わります。薬剤師の平均労働時間は月177時間と言われており、他の職種と比べると短い方だとは言い切ることはできません。

ただ短時間の勤務で働く事ができる求人情報がないという訳ではありません。実際に探すとそのような求人はあります。例えばある求人サイトの求人募集要項の内容を参考にしますと、

  • 勤務時間:3~4時間
  • 時給:1900円~2300円
  • 交通費支給、日曜日、祝日は休み

という求人がありました。勤務開始は夕方からとなってりこの求人情報は駅ナカになるとの事でアクセスにも便利な環境に有るようでした。一週間の出勤日数も交渉ができるとの事で短時間勤務と月の出勤にお平均日数も調整が効く様な感じの募集要項となっています。

この様な短時間の求人は全体の求人数の割合からは決して多いとはいえませんが、よく探す事で全く見つからないということもありません。

短時間勤務が見つからないという場合は

ただ地域によっては短時間勤務が少ないというケースもあります。その様ば場合にはアプローチの方法を変えると上手く行くこともあります、というのも短時間勤務でも採用したいにも関わらず求人自体をだしていないという場合であったり、求人検索で短時間勤務という項目が無いという場合があるからです。

調剤のシフトを組むという場合等は短時間であっても出勤してくれのであれば調度良いシフトが組めるので助かるという職場は少なくありません。しかしそのような職場であったとしたも常勤や正社員の8時間勤務で掲示しているというケースがあるからです。

掲載情報が全ての条件とは限らないので直接交渉をお願いする

情報が求職者に上手く伝わらないのが原因で雇用者が欲しがっているにも関わらず求人情報を求職者が見つける事ができません。そのときに最もその情報を見つけやすい方法とは、求人サイトの担当者にそのような求人情報を求めているところを実際に聞いてみることです。

人材紹介会社の担当者は短時間勤務でも働き手を求めているドラッグストアや薬局に足を運んでいるので情報を聞き出す事ができるので実際交渉レベルで情報を引き出す事ができます。短時間なら求職者いるということを伝える事でその雇用者がOKを出すとい事は少なく有りません。

薬剤師の単発派遣、薬局やドラッグストアで求められる理由とは

  ドラッグストア + 薬事行為 ⇒ 薬剤師の常駐人数が必要

シフトの関係で欠勤がでるとう薬事法を守った営業ができない

昔に比べてドラッグストアがかなり増えましたよね。今やドラッグストアといえば調剤等の薬事行為を同時に行う販売店も少なく、そのような場所でも薬剤師が多く求められるという環境さえあります。

店舗が増えると同時に欠かせないのがスタッフです。薬事行為を行う場合、薬剤師の規定人数を満たす条件が欠かせ無いことになります。しかし常にシフトや人員配置が安定するというわけではありません。薬事行為を行う以上はう薬事法がからんできますので、常に薬剤師を規定の人数でドラッグストアでも配置をしておかないと運営ができません。

時間に切羽つまった急募等が多い

一般の販売店とは違い、薬剤師を安定的に配置しながら営業しなければいけませんので単発の派遣社員が重要となります。突然の欠勤ともなれば、ゆっくりとスタッフを募集している暇もなく切羽詰まった求人募集、つまり急募といういう形になります。

求職者としては高時給になりやすくブランク等に最適

単発で働くということ自体は長期的で安定した収入を見込むことができませんが、早く人員確保を確定しておきたいという意図が働くため急募の求人案件と言うことになります。時給も高めの求人となり採用率も上がる状態が予想されるでしょう。

単発での求人募集で働くには派遣会社に登録し情報が常に入る状態を作っておくこと、また求人募集情報が求める調剤技術レベルと自分のスキルを照らし合わせる事が重要と言えます。