ドラッグストアの薬剤師、サプリメントのアドバイスで一歩進んだ接客を

  薬剤師 x 接客 ⇒

nomu

的確にアドバイスできる薬局医薬品のようなものと違い、厳しい試験や規格のないサプリメン卜は品質もさまざまです。

その意味でもサプリメントに関しては、さらに踏み込んだアドバイスをしてくれる薬局や接客が必要です。

消費者にとってはサプリメントで得られる効能を期待して購入するのでしょうが、それと同時に安全性も指南してくれるという事はかなり助けになる接客の一部となります。

サプリメントの効能や危険性、副作用の有無について指南することはできますが、サプリメント系の商品を多く扱うドラッグストアではよりその接客の意味は重要と言えます。

薬局薬剤師でもサプリメントとの組合わせのアドバイスが活きる

サプリメントは医薬品のような厳しい試験や規格がありませんので、市場に出回っているものの品質は実にさまざまです。正しくサプリメントの知識をアドバイスし、選んでくれるような薬局の存在は大きいでしょう。

薬局薬剤師のアドパイス薬剤師がサプリメントのアドバイスをしてくれるメリットは、医薬品のこともわかっているということです。サプリメントユーザーの中には医薬品を飲んでいる人も多くいます。サプリメントの中には、ある医薬品との飲み合わせで健康被害が起こることもありますか。薬劑師がサプリメントのアドバイスに積極的に取り組むことは、愚者さんの薬物療法の質を上げるなど、リスクマネジメントにもなるのです。

薬局やドラッグストアでの薬剤師接客の可能性について

いくら薬剤師としてサプリメントの効能や危険性そして医薬品との組み合わせに関してのアドバイスをしようと思っても、仕事量が多すぎてそんな余裕がない職場であったり、そのような接客を心がけるべきではないといった雰囲気の職場であれば働き辛いのは言うまでもありません。

一歩進んだ接客といえば一般の飲食や商店では当たり前の事ですが、どうしても事務的になってしまっているという職場は多くあります。自分が働きたい接客が実際にできている職場であるのかどうかという所も含めて薬剤師の求人を選んでいくというスタンスも大切です。

ドラッグストアや調剤薬局、薬剤師の志望動機へのヒント

  薬剤師  x 志望動機 ⇒ (過去 x 現在 x 未来) x 整理

あらためて考えてみると、志望動機をまとめてうまく伝えるということが簡単ではないなと思ってしまう事はよくあります。いざ志望動機ってなんだろうと思っても、なんとなくそこで働きたいと思っている気持ちを上手に言葉にするということは簡単ではありません。

もちろん面接を受ける以上は採用される事が目的です。採用されやすいように自分の志望動機も整理して伝える必要があります。そこでまず始めにできる簡単な方法があります。ドラッグストアに限らない事ですが、志望動機を用意する上手な伝え方の一つは『過去』、『現在』そして『未来』の時系列の順番に整理してみることです。

例えば、

  ”過去”の経験にもとづいたお店でできること
  • 過去の接客アルバイトの経験
  • 調剤薬局で働いていた時の知識やスキル
  • 人間関係や学生時代に一生懸命取り組んだこと
  ”現在”何故そのドラッグストアを希望したか
  • そのドラッグストアが自分にとって魅力的だった点
  • 通勤経路等で自分にとってもメリットがあるということ
  • 実際に見学してみたときの感想
  ”未来”
  • ドラッグストアにとってこれからどの様な貢献ができていくのかを探る
  • 一般の職員とは違い薬剤師の資格と知識を利用した場合のメリットについて考える
  • 専門知識を活かして子持ちの主婦や年配の方の相談に気軽に答えたい等
  • セルフメディケーションにドラッグストア店員として協力できるスタンス等

 

アバウトではありますが、ドラッグストアで特別すごい事をしようという野望よりも実際に働いたときのお客さんとのコミュニケーションや地域との関係、そひてその仕事を楽しむ事ができるというアピールがいいかしれません。

調剤薬局でもドラッグストアでも同じ事ではありますが、雇用者が一番心配する点は結局すぐにやめてしまうのでは無いかという点です。ドラッグストアがおとのやり方や知識を研修期間としてその人に投資し、すぐに辞めたくなってしまうのではないかという雇用者の不安を取り除くというコミュニケーションの観点から、あまり多くの期待や理想を語るよりはそのお店に合っていると思って貰える方がいいでしょう。

 

薬剤師のドラッグストアや調剤薬局、病院の車通勤

  薬剤師 x 車通勤 ⇒ 車通勤可 x 距離 x 時間 x 交通事情

通勤手段の選択は一つの求人を選ぶ選択の基準にもなります。都心部か郊外かといった土地や駐車場の関係で車通勤が可能かどうかという条件はやはり変わってくるようです。

営業形態での違い >>

  • 病院勤務
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア

駐車場料金や土地の確保での違い >>

総合病院等駐車場が確保しやすい施設は車通勤が可能な勤務地が多い傾向にあります。それに対し薬局やドラッグストアはお客さんの駐車場等のスペースを確保しなければいけないような地域では車通勤が難しくなる傾向にあります。

また容易に想像ができる点でもありますが、都心部と郊外ではその差が大きく逆に都心部での求人探しとして駅ナカといった駅を降りてすぐに働ける場所というのも選択肢の一つとしては魅力がある求人情報といえるかもしれません。

通勤時間が長すぎるのも問題。。。

ただ通勤時間が長すぎるというのも少し問題でしょう。都心部でも車通勤が可能な所がありますが、私の知り合いではどうしても車通勤がいいようで始め勤めていた場所から同じ系列のドラッグストアに転勤になり、それでも車通勤という選択をしていました。

東京都の八王子市から世田谷区という距離を車で通勤していましたが、少なくとも1時間以上はかかり、混んでいると1時間半~2時間前後になることもあるとのことでしたが、それだけで疲れてしまうのは目に見えています。

車通勤がOKという勤務先も車通勤が好条件という印象を受ける人にとっては魅力的にあ求人案件ですがある程度距離と時間、そして交通事情を事前にチェックして選ぶべきかと思います。

薬剤師ドラッグストア勤務のメリット、デメリットそして求人の注意点

薬剤師の勤務する場所の選択として大きく内容や選択が分かれる所が、調剤薬局かドラッグストアかとうところです。今やコンビニ並にドラッグストアはいたる所あるわけで、調剤薬局よりも勤務地の選択肢が多くあるということも事実です。ドラッグストアで働くメリットとはどんな点があるかまとめました。

ドラッグストア勤務でのメリット

  • ドラッグストアの店舗数が調剤薬局よりも多く選択肢が多い
  • 調剤併設のドラッグストアも少なく無いのでOTCと調剤の両方が学べる
  • 接客や品出し、製品説明等、お客さんと近い接客もできる
  • 給与は全体的に高め店長クラスになると年収700万円前後に
  • 幅広い商品知識が付く

ドラッグストア勤務となると調剤から離れてしまうというイメージがありますが、調剤併設のドラッグストアも多くあり調剤業務と平行して仕事ができる事に魅力を感じるという人も多い様です。狭い空間でひたすら作業しなくてはならないという事に関して抵抗を感じるという理由でドラッグストアを選ぶという選択肢もいいかもしれません。

広い空間で働き調剤のみの業務に関わるという訳ではありません。調剤だけに関わる時間とお客さんが商品を選ぶ空間に滞在する時間が自然と多くなりますので、接客がどちらかというと好きという人に向いていると言えます。

ドラッグストアで働くデメリット

  • ハードワークに注意
  • 昇給に注意
  • 転勤に注意
  • 専門的な調剤の技術を磨く時間が減る

逆に何がデメリットととして上げる事ができるでしょうか。調剤薬局が必ずしもハードワークではなく、昇給に問題がなく転勤が無いと言い切ることは勿論できませんが、ドラッグストアではハードワークな環境や最初は給与が高かかっのに昇給のチャンスがあまりないといった情報も少なくありません。

ドラッグストアで働く以上は調剤の時間が接客や商品管理、OTCといった一般商品の知識を使う分野に移行してしまうのは仕方がないとしても、常勤勤務でのドラッグストアは労働条件をある程度密にリサーチする必要があると言えます。

メリットを活かしつつもデリットがないかのリサーチを念入りに

全てのドラッグストアが問題が有ると言うことは勿論ありませんが、ドラッグストアの大元の運営会社が人件費の削減やブラック寄りの経営をするという可能性は完全に否定することはもちろんできません。

ではどうしたらいいのかという点ですが、前述の様にドラッグストアでも様々な所がアリオということは、情報収集を出来る限り念入りにするしかありません。

情報の収集の方法としては、

  • 実際に企業が公開している情報
  • 求人サイトの担当者から得ることが出来る情報
  • 実店舗に足を運び得られる生の従業員の雰囲気

といった所でしょうか。実際に企業がブラックであることを自ら公表する可能性は限りなくゼロなのでリサーチをするにしても他の情報元を作る他ありません。一つは信頼できる求人サイトを見つける事です。求人サイトの担当者信頼できる人となると中々みつかりづらい点もありますができるかぎりキャリアがながく、みつからなければ求人サイトの担当者を変えるという手段でもいいでしょう。

ドラッグストアの利点のもう一つは実店舗は足を運びやすいというメリットもあります。1日行っただけでは少し解りかねる部分はあるかもしれませんが、その現場で働く従業員の疲れ具合や表情、またスタッフの配置や人数、レジと調剤室の行き来をチェックうるだけでも参考になります。

今はインターネット上でブラック度を調べる事ができるサイトがありますのでそれを参考にしてみるのもいいかもしれませんが、あまりいい意見がない事は容易に想像がつきます。あまり鵜呑みにしてしまいすぎますと、もうどこでも働けないという気分になりますので、参考程度がいいもしれません。

薬剤師の単発派遣、薬局やドラッグストアで求められる理由とは

  ドラッグストア + 薬事行為 ⇒ 薬剤師の常駐人数が必要

シフトの関係で欠勤がでるとう薬事法を守った営業ができない

昔に比べてドラッグストアがかなり増えましたよね。今やドラッグストアといえば調剤等の薬事行為を同時に行う販売店も少なく、そのような場所でも薬剤師が多く求められるという環境さえあります。

店舗が増えると同時に欠かせないのがスタッフです。薬事行為を行う場合、薬剤師の規定人数を満たす条件が欠かせ無いことになります。しかし常にシフトや人員配置が安定するというわけではありません。薬事行為を行う以上はう薬事法がからんできますので、常に薬剤師を規定の人数でドラッグストアでも配置をしておかないと運営ができません。

時間に切羽つまった急募等が多い

一般の販売店とは違い、薬剤師を安定的に配置しながら営業しなければいけませんので単発の派遣社員が重要となります。突然の欠勤ともなれば、ゆっくりとスタッフを募集している暇もなく切羽詰まった求人募集、つまり急募といういう形になります。

求職者としては高時給になりやすくブランク等に最適

単発で働くということ自体は長期的で安定した収入を見込むことができませんが、早く人員確保を確定しておきたいという意図が働くため急募の求人案件と言うことになります。時給も高めの求人となり採用率も上がる状態が予想されるでしょう。

単発での求人募集で働くには派遣会社に登録し情報が常に入る状態を作っておくこと、また求人募集情報が求める調剤技術レベルと自分のスキルを照らし合わせる事が重要と言えます。

薬剤師ドラッグストア求人のOTCのみと調剤併設の割合

OTCとは「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略語で『カウンター越しに接客をする』仕事のみという意味にになります。例えば、OTC医薬品といえば一般用医薬品、つまりドラッグストア等で販売されている医薬品の事を指します。

主にドラッグストア」の求人募集に『OTCのみ』といった表記で掲載がされます。逆に『OTCのみ』でなければ何があるのかと言いますと。『調剤併設』といった表記でカウンター越しの接客ばかりではない求人募集となります。

OJTのみの求人と調剤併設の求人の割合

ではそのドラッグストアでの求人のうちOJTのみと調剤併設。つまりドラッグストアの中でも調剤が業務が伴う求人と接客のみの求人の割合というのはどの程度あるのでしょうか。ある求人サイトAを例にとりますと下記の表の様に9割以上が調剤併設の求人募集となっています。

ドラッグストア求人 件数 割合
調剤併設 1830件 92.9%
OTCのみ 139件 7.1%

昔はドラッグストア等という店舗も少なく、薬を購入しようとすると必ず小さい薬局だったのですがいつの間にか殆ど飽和状態となり、右肩上がりを順調に続け現在の市場規模は4兆円を超えるそうです。

ある地域にドラッグストアができるとコンビニ級に重宝した時代は既に懐かしく、今一般的な医薬品のみの陳列ではコンビニ等の店舗と差別化が難しいのかもしれません。給与の差も時給換算で400円程の差がでるという様子も伺えます。