薬剤師ドラッグストア勤務のメリット、デメリットそして求人の注意点

薬剤師の勤務する場所の選択として大きく内容や選択が分かれる所が、調剤薬局かドラッグストアかとうところです。今やコンビニ並にドラッグストアはいたる所あるわけで、調剤薬局よりも勤務地の選択肢が多くあるということも事実です。ドラッグストアで働くメリットとはどんな点があるかまとめました。

ドラッグストア勤務でのメリット

  • ドラッグストアの店舗数が調剤薬局よりも多く選択肢が多い
  • 調剤併設のドラッグストアも少なく無いのでOTCと調剤の両方が学べる
  • 接客や品出し、製品説明等、お客さんと近い接客もできる
  • 給与は全体的に高め店長クラスになると年収700万円前後に
  • 幅広い商品知識が付く

ドラッグストア勤務となると調剤から離れてしまうというイメージがありますが、調剤併設のドラッグストアも多くあり調剤業務と平行して仕事ができる事に魅力を感じるという人も多い様です。狭い空間でひたすら作業しなくてはならないという事に関して抵抗を感じるという理由でドラッグストアを選ぶという選択肢もいいかもしれません。

広い空間で働き調剤のみの業務に関わるという訳ではありません。調剤だけに関わる時間とお客さんが商品を選ぶ空間に滞在する時間が自然と多くなりますので、接客がどちらかというと好きという人に向いていると言えます。

ドラッグストアで働くデメリット

  • ハードワークに注意
  • 昇給に注意
  • 転勤に注意
  • 専門的な調剤の技術を磨く時間が減る

逆に何がデメリットととして上げる事ができるでしょうか。調剤薬局が必ずしもハードワークではなく、昇給に問題がなく転勤が無いと言い切ることは勿論できませんが、ドラッグストアではハードワークな環境や最初は給与が高かかっのに昇給のチャンスがあまりないといった情報も少なくありません。

ドラッグストアで働く以上は調剤の時間が接客や商品管理、OTCといった一般商品の知識を使う分野に移行してしまうのは仕方がないとしても、常勤勤務でのドラッグストアは労働条件をある程度密にリサーチする必要があると言えます。

メリットを活かしつつもデリットがないかのリサーチを念入りに

全てのドラッグストアが問題が有ると言うことは勿論ありませんが、ドラッグストアの大元の運営会社が人件費の削減やブラック寄りの経営をするという可能性は完全に否定することはもちろんできません。

ではどうしたらいいのかという点ですが、前述の様にドラッグストアでも様々な所がアリオということは、情報収集を出来る限り念入りにするしかありません。

情報の収集の方法としては、

  • 実際に企業が公開している情報
  • 求人サイトの担当者から得ることが出来る情報
  • 実店舗に足を運び得られる生の従業員の雰囲気

といった所でしょうか。実際に企業がブラックであることを自ら公表する可能性は限りなくゼロなのでリサーチをするにしても他の情報元を作る他ありません。一つは信頼できる求人サイトを見つける事です。求人サイトの担当者信頼できる人となると中々みつかりづらい点もありますができるかぎりキャリアがながく、みつからなければ求人サイトの担当者を変えるという手段でもいいでしょう。

ドラッグストアの利点のもう一つは実店舗は足を運びやすいというメリットもあります。1日行っただけでは少し解りかねる部分はあるかもしれませんが、その現場で働く従業員の疲れ具合や表情、またスタッフの配置や人数、レジと調剤室の行き来をチェックうるだけでも参考になります。

今はインターネット上でブラック度を調べる事ができるサイトがありますのでそれを参考にしてみるのもいいかもしれませんが、あまりいい意見がない事は容易に想像がつきます。あまり鵜呑みにしてしまいすぎますと、もうどこでも働けないという気分になりますので、参考程度がいいもしれません。

薬剤師求人の勤務地の給与平均の大まかな目安

薬剤師の平均年収や平均月収に関する情報です。地域差は有るようですが、全国の平均値を掲載しました。時給に関しては残業が加わればそれだけ給与が増加する事にもなりますので問題は無いのですが、正社員は賞与や労働時間、また残業代がしっかりと支払われるかという点もポイントとなります。

  • 薬剤師の平均年収:529万円
  • 薬剤師の平均月収:37万円
  • 薬剤師の平均時給:2154円

例えばドラッグストアで働いている店長クラスの店舗責任として人件費の削減が掲げられていれば自分の労働時間を削りその目標を達成する環境という企業もあっておかしくありません。

薬剤師の勤務場所による平均年数の目安になります。

 

調剤薬局 400万円 650万円
ドラックストア 400万円 700万円
病院 400万円 650万円
製薬会社 400万円 800万円

薬剤師の給与としてはどこもスタートが400万前後となっている事が特徴ですが、その後の平均上限額に差がある事がわかります。ドラッグストアが多少平均年収が高いと言われている事が50万円の差に現れてますが、店長としての職務の労働時間がどの程度かというところが気になります。

また製薬会社はその700万円の平均年収をさらに100万円上回る平均年収ですが、ノルマや営業による成果主義の傾向が有るためにトップの年収は自然と高くなる傾向にもあります。

薬剤師の求人案件情報の初期条件と実際に働いた時の労働環境

  • 調剤 >> 年収800万円
  • 病院 >> 年収650万円
  • OTC >> 年収700万円
  • 18:30就業
  • 大手企業安定

上記はよく目にする求人広告の一例です。

よく広告で目にするのが、『年収◯◯◯万円』、『就業時間~◯◯:◯◯』という表記です。もちろんその通りであれば何の問題もありませんし魅力的な求人案件です。しかしそこは入り口であって長期的な視点が必要です。

つまり入職して昇給制度が殆どなかったり勤務時間が長く残業代が使いないということであれあば魅力的な求人情報ではないということになります。求人広告の入り口が魅力的であることを警戒しすぎるということもよくありませんが、その情報が長期的なものかどうかというところを判断する労力ということに時間を割く必要もあると思います。

薬剤師の求人でチェックすべき項目について

例えば調剤薬局であれば、定時の時間が早かったりしますがドラッグストア等になれば就業時間も遅くまで営業しているところも少なくありません。時間軸だけを基準として判断するのであれば納得のいく広告であったりしすが、給与に関しても労働時間が実際にどの位の勤務時間なのかというところは慎重に検討すべきところでもあります。

  • 昇給の制度
  • 労働時間
  • 人材やスタッフの配置状況
  • 店長クラスの責任の重さ(ドラッグストア等)
  • 子育てや育児に関する支援制度と理解の度合いについて

全ての項目や勤務環境や条件を調べる事はできませんがある程度はどのような環境が予想されるかを、『ここの求人案件の優先順位は低い、またココは第一希望』という風に自分の中で求人情報だけではない部分の情報をもとにきめていくといいでしょう。