薬剤師の有給休暇が多い求人、そして有給休暇をとるには

有給休暇求人を選ぶにあたって気になるのが、有給休暇はあるか、もしくはとりやすいか?という点です。

一般的には病気、葬式、レジャー、家族の体調不良などのために、どうしても会社を休みた時は有給休暇があれば有り難いですよね。ですが、ブラック企業ではそんなものは名前だけの存在か無いに等しい環境であることが多々あります。

有給休暇を阻害するもの

  • 人数ギリギリの職場
  • 小規模経営
  • 経営者の考え方
  • 同僚に迷惑がかる気負い

有給休暇をとりにくい理由は色々ありますが、例えば

ブラック企業小規模経営者の個人調剤薬局で人数ぎりぎりで回しているため、休むとなると確実に同僚に迷惑がかかる。その上その経営者が労働基準法を守っている薬局なんてないだろという経営者の考え方の持ち主・・・』

なんて事があります。

ここまで極端でないにしても、人数ギリギリという項目が1つあるだけで有給休暇なんて・・・という雰囲気に飲まれる事は言うまでもないでしょう。

調剤薬局は有給休暇が取りにくい?

主に薬剤師が働く場所となっている、調剤薬局、ドラッグストア、病院となりますと

  調剤薬局 ⇒ ドラッグストア ⇒ 病院

気に入る職場じゃなかったの順番で有給休暇がとりにくいという意見が多い傾向にあります。その最も大きな理由としては、先ほどの様に交代要員がいるかいないかという側面が大きい様です。ドラッグストアや調剤薬局はシフト制になっているところが多く、病欠をすると数少ない週休を削られてしまったり、同じ職場で勤務する人の休日がなくなってしまったりと波紋が大きく有給休暇どころか普通の病欠でさえ・・・と躊躇う状況にある事も少なく無い様です。

ドラッグストアではパートが多くいればそのパートさん達で調整がきく事も多い様ですが、開業調剤薬局でその経営者がブラックな人であると『有給休暇をとらせている企業なんてどこにあるの?』ばりに有給休暇がとり辛くなるそうです。

有給休暇が多い求人を探すにはそして有給休暇をとるには

旅行まとめますと、有給休暇が多い求人を探すには上記の有給休暇を阻害するものがあるかないか、どちらかと言えば大きな、公立等の法律遵守に気持ちが強い病院の方がとりやすいという事になります。

また

有給休暇に関しましてはある程度思い切りが必要です。

有給休暇は貰うものではなく、とるものという意識です。有給休暇は法律で当然与えられた権利ですが、その職場の雰囲気や当たり前の基準のズレによりとりにくくなります。ある程度の思い切りと主張が無いと有給休暇は一生とれないスパイラルという事にもなりかねません。

その意味でももう一度

有給休暇は取れないのではく『とるもの』という意識と少しの勇気が必要かもしれません。

 

薬剤師レジデント制度を活用している薬剤師求人を探す

気に入る職場じゃなかった求人情報の選び方について絶対この職種がいいと決まっていても給料、待遇等が合わない事も多々あるでしょう。そして自分の希望通りの待遇の職場があれば万々歳ですが中々自分の希望に合った待遇でないとこも多く、結局働き始めてみたら理想の環境や自分が育つ場所ではなかった・・・。

こんな思いにもなる要因としては研修制度やその医療機関の目指す場所や理念の違い等があります。最初が肝心でここだけは外せないと思う事は前もって問い合わせをしたり、面接時に聞いて置いた方が良いでしょう。 その1つとして薬剤師のレジデント制度があります。

レジデント制度とは

レジデント制度薬剤師レジデント制度とはチーム医療に役立つ病棟での薬剤師業務を実習し、習得するのを目的としたものです。具体的には指導薬剤師のもとで薬剤業務を実践するといった制度があります。

日本病院薬剤師学術委員会第6小委員会の行ったアンケート調査によるとレジデント制度を実施している職場は

  • 2011年度:10件
  • 2013年度:30件~
  • 2014年度:35件~

と除々に増えていますが、全体的にみるとその数はまだまだ。必ずしもその職場を探す事は簡単ではありません。またレジデント制度を導入している機関は大学病院といった大きな医療施設が多い傾向にあります。 レジデント制度を行っている病院例

筑波大学附属病院 群馬大学医学部附属病院 藤沢湘南台病院 北里大学北里研究所病院 国立成育医療研究センター 独立行政法人国立国際医療研究センター病院 昭和大学病院 東京女子医科大学病院 金沢市立病院 静岡県立総合病院 名古屋大学医学部附属病院 京都大学医学部附属病院 兵庫県立尼崎病院 兵庫県立淡路病院 兵庫県立姫路循環器病センター 兵庫医科大学病院 兵庫県立がんセンター 兵庫県立柏原病院 神戸市立医療センター中央市民病院 兵庫県立加古川医療センター 神戸大学医学部附属病院 兵庫県立こども病院 兵庫県立光風病院 兵庫県立西宮病院 兵庫県立塚口病院 国立循環器病研究センター 市立堺病院 福岡大学病院 茨城県立中央病院 北里大学メディカルセンター 亀田総合病院 北里大学東病院 横浜新緑総合病院 北里研究所病院 愛媛大学医学部附属病院
日本病院薬剤師会学術第6小委員会より引用

ただ薬剤師の技量をどこまで社会活かせるかという理念を共有した場所で働ける事は長期的に大切な事になります。 レジデント制度というキーワードで薬剤師求人を探す事もポイントの1つです。

薬剤師のパート勤務時間帯は希望とおりになるのか?

薬剤師は女性が多い薬剤師は元々女性が多い職種です。平成22年の厚生労働省の調べてによりますと、  男女比率は概ね男性:女性=3:4となっています。

昨今では女性の社会進出が叫ばれるようになってますが、 介護や看護師、薬剤師の免許を持っている人は、免許の強さ故か、何十年のブランクを超えて、再就職に強いというメリットがあります。

 総計 男性 女性
276517人 108068人 168449人
100.0% 39.1% 60.9%

薬剤師男女比率

パート勤務の希望時間帯選びも慎重に

パート勤務ドラッグストアパートで働くメリットの1つはなんといっても勤務時間帯のフレックス制です。家事や子育てといった背景があると最も重要なポイントにもなりかねません。

しかしこの勤務時間の調整がどこまでできるかを入職前にあまり下調べせずに勤務を開始してしまうと失敗してしまう原因の1つにもなります。

というのも、

  求職者 ⇒ なるべく勤務時間の希望を言いたい
  雇用者 ⇒ 『勤務時間応相談』の記載がないと中々人が集まらない

免許の有無に関係なく、パート勤務というシステムは、どこの企業にしても、求人広告通りに、自分の希望の時間帯の選択は、なかなか難しいとの事で、求人の掲載広告の不備で度々問題になります。

求人をする側にしてみれば、パートの時間給の一円でも多い所を探す人々がいる以上、勤務時間の相談に応じるとの表記がなければ、なかなか人材が集めにくい世の中になってきたのも事実です。

面接であまり深くきいてしまうと採否に関わるという不安はもちろんありますが、出来る限り自分のスケジュールに合う職場なのかという点はしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

昇給制度が整っている薬剤師の職場は?

給与給料に関しては1か月生活できる手取りがあるなら、入社時はそれ以上は望みません。
昇給の制度があるかどうかは確認します。

一生懸命働いても、実力を認めてもらえないと、なかなかモチベーションも上がりませんので、重要なポイントですよね。ただ、正社員として働くにあたって大切なのは、職務内容だと思います。

どんなに福利厚生が充実していても、給料がそこそこでも、職務内容が自分の嫌いなものだと続けるのが難しくなってくるからです。

しかし昇給制度がしっかりしている職場は薬剤師業界では少ないという現実や声も多く聞きます。その理由は病院が赤字であったり、評価制度が整っていなかったりと様々ですが人件費抑える事が経営だと考えている責任者の下や経営者の元で働くとある意味無限ループの様に昇給が見込めない環境になり、解決策が転職しかないと考えるケースも少なくありません。

昇給制度が整っている傾向が強い職場

一概に言う事はできませんが、昇給制度を見極めるポイントは2つあります。

  小規模企業>中規模企業>大規模企業
  ドラッグストア>調剤薬局>病院

ブラック昇給制度がしっかりしているかしていないかは企業にとっては人材確保のカギとなります。しかし小規模企業や個人経営になればなるほど、慣れ合いになり昇給制度が整っていない傾向が強い様です。

かつては大規模な企業であれ昇給制度が整っていあにところは多くありましたがそれでは企業拡大が難しいとしっかりとわかりやすい昇給制度を整えている企業が増えています。しかし一方で残業がひどく、昇給すればするほどブラックになるという企業もありますのでその辺の見極めはとても重要です。

またどちらかというと、ドラッグストアが最も昇給制度が整っている傾向があり、病院勤めでここ数年給与があがった事があないという人が多い様です。長期的に働きたい職場を見つける事を考えるとやはり事前調査は必須となるでしょう。

やはりスキルをつけて転職か

転職同じ場所で長期間働いているという事はある意味財産でもあり、昇給制度がしっかりしていればその場所を離れる事はもったいない事にもなります。しかし昇給制度がしっかりしていればという事です。上司や自分より長く働いている人の給与がそれほど上がっていなければ、自分もそのレールにのっている事にもなりかねません。

転職をしたからといって必ずしも昇給制度が整っている場所で働けるという保証はどこにもありませんが、薬剤師が不足している現状では

  転職=昇給

と考えて身の置き方を考える対策もありかと思います。