青森県の薬剤師求人募集、アルバイト~正社員、短期単発派遣まで

青森県の薬剤師求人

tuucho 青森県 薬剤師平均年収
589万円 全国第 11 位

aomori青森県の薬局分布は全国で30位とそれほど多い方ではありません。また薬剤師の人口比率も少ないせいか、薬剤師は少し不足気味の地域と言えます。

また、全国の労働時間のランキングでも常に10位以内に入り、年によっては3位以内という年も少なくなくかなり勤勉な県となっています。それが直接の理由かは定かではありませんが、薬剤師の平均給与も全国で11位と上位に位置しています。

ドラッグストアとしてはメガスーパードラッグやハッピードラッグ、ペニーマート等があります。少し古いデータにはなりますが、完全失業率が2009年の時点で全国2位と高い傾向にありますが、薬剤師としては少し不足気味という事であまり影響はないかと思われます。

<< 青森県の薬剤師分布参考地図 >>

<< 青森県の人口10万人における薬剤師数 【全国46位】>>
2000年 2006年 2012年
全国平均 112.6人 136.4人 161.3人
青森県 83.0人 102.4人 126.4人

青森県の薬局求人分布

青森市と弘前市、八戸市を合計すると全体の6割を超えるので地域によっては通勤に便利な地域での求人を探しにくいか若しくは薬剤師の人出不足というムラがある状態が多くありそうです。

奥羽本線や青い青森鉄道、また八戸線といった鉄道と内陸部の国道を使った通勤で通える範囲を1時間以内に絞って探したいところです。

市町村名 店舗数割合(%)
青森市 26.7%
弘前市 18.8%
八戸市 19.8%
黒石市 2.8%
五所川原市 5.7%
十和田市 4.9%
三沢市 1.9%
むつ市 3.4%
つがる市 1.2%
平川市 1.5%
東津軽郡平内町 0.7%
東津軽郡今別町 0.3%
東津軽郡外ケ浜町 0.4%
西津軽郡鰺ヶ沢町 0.4%
西津軽郡深浦町 0.3%
南津軽郡藤崎町 0.7%
南津軽郡大鰐町 1.0%
北津軽郡板柳町 0.9%
北津軽郡鶴田町 0.1%
北津軽郡中泊町 0.3%
上北郡野辺地町 1.5%
上北郡七戸町 0.9%
上北郡六戸町 0.3%
上北郡東北町 0.7%
上北郡おいらせ町 0.9%
下北郡大間町 0.3%
三戸郡三戸町 0.6%
三戸郡五戸町 1.3%
三戸郡田子町 0.1%
三戸郡南部町 0.9%
三戸郡階上町 0.3%

青森県の正社員薬剤師求人の探し方

yakkyoku02青森県では他県と比べると薬局の数も多いとは言えませんが、『薬剤師ではたらこ』で求人情報を検索すると、600件弱の求人を検索する事ができます。

大手調剤薬局や大型企業店舗の求人が目立ちますが、小市町村の求人も探す事ができますので重宝します。面接官は転職者のブランクを嫌います。その理由は、実務能力の低下です。ブランクが長引いてくるとスキルや知識が現場に追いついていけるかという事が心配になります。

求人を選ぶ際にはこの辺の打ち合わせも求人サイトの担当者としておきたいものです。

青森県のパートアルバイト薬剤師求人の探し方

yakkyoku01

青森県の薬剤師求人を探す際に2番目に便利なのが『薬剤師プロ』です。正社員の求人の中にもパート募集がOKの求人案件がありますのでチェックしておきたいところです。

パートアルバイト等の面接でも同じ事ですが、面接での受け答えの準備はなるべく入念に行って置くことに越したことはありません。ブランクが空いた時期があればとっさに「何もしていませんでした」などは論外です。「しばらく仕事をする気にならず、のんびりしていました」や「リフレッシュするために旅行をしていました」なども評価は得られません。

出来る限りしっかりと答える事ができる準備をしておきましょう。

青森県の派遣や単発薬剤師求人の探し方

kusuri高時給を考慮するという場合は『ヤクジョブ.com』等を使い派遣の求人案件を探してみるのも1つの方法だと思います。派遣での求人に応募する際にはスキルやキャリアの打ち合わせがより重要になります。

求める条件に全て合致していなければいけないという求人は少ないと思いますのでそこまで構える事もないとは思いますが、多分こんな感じの質問を受けるであろうというリストは人材紹介会社にたずね、答える事ができる様にしておいてた方がいいかもしれません。

青森県のハローワークを利用して薬剤師求人を探す

hellowork『青森/八戸/弘前/むつ/野辺地/五所川原/三沢/十和田(出)/黒石』と青森県のハローワークは9箇所あります。

特に転職活動で生活収入に空白の期間が長くあいてしまうという時は、いつごろから雇用保険の支給が始まるかといった詳細を確認することをオススメします。

介護事業と薬剤師の高まる責任感

drug

高齢化問題が大きくなるにつれそれに伴う介護への取組の問題も大きくなりつつあります。青森県は全国的には高齢化率が中堅クラスではあるものの65歳以上の人が4人に1人以上という状況になっています。

介護事業においては

介護事業の解禁を皮切りに参入する民間会社が増え、供給の高まりが一方では需要を生んでいるといわれています。そして支給額が増加、財政は逼迫し、制度の持続可能性が危ぶまれるといった事態にまで陥っています。そこで2005年10月、在宅サービスを受ける利用者と施設サービスを受ける利用者の受給額の不均衡を是正するために、介護施設の食費と住居費をすべて自己負担とする制度改正を行ないました。

また、これまで要支援から介護度5までの6段階であった介護度を改め、要支援を2区分にし(これまでの要支援と認知症のない介護度1)、要介護状態になることを予防する「予防給付」を新設する予定となっています。

このような環境の中で、国民の薬局に対する期待はますます強くなっています。介護保険制度の改正に伴い、介護の必要な高齢者が在宅や施設で今まで以上に安心して暮らせるよう、薬剤師が活躍することが望まれます。調剤報酬でも、2005年現在、在宅患者訪問薬剤管理指導料は月4回まで、報酬はー回目が500点、2回目以降300点と優遇されています。

しかし、調剤薬局によっては在宅の患者を訪問し、内服状況の管理や説明を実施しているにもかかわらず、患者の負担増による不満感を懸念し、点数を加算していないところも多くあるそうです。

サービスの質を上げるのはもちろんですが、それに伴いわかりやすいコミュニケーションでの対価を受け取るという大切な役目を薬剤師がしなくてはならない状況なのかもしれません。

【タイプ別】薬剤師求人の探し方

yakuzaishikyuujin