「疲れた。。。」
「休みたい。。。」
「給与も大切だけどブラックは・・・」
「中長期の休みで旅行に行きたい・・・」

薬剤師プランでは転職経験のある薬剤師の情報のもと、薬剤師の転職サイトを口コミや評判、求人案件数や会社規模を徹底比較しランキングで紹介しています。おすすめの薬剤師求人募集や五つ星求人サイトを参考に薬剤師の転職設計にお役立てください。

 

 

転職後の休み方は二種類あります。

いわゆる転職から転職までの間に休む転職休暇。

転職後の職場の勤務環境による休みや有給(年間休日数)。

どちらも大切だと思うのですが、

転職はこの2つの休みを決める大切な節目と言えましょう。

お読みいただくのに3分ほどかかりますが様々な角度からこれだけでわかる様に解説しています。

 

転職と転職の間に休む転職休暇の取得率

あなたは転職と転職の間に休もうと考えてますか?

「せっかく、次の職場まで間があけられるかもしれないので休もう。」

「希望の職場が急募だったら休めないな~」

「有給が残っているので、それを消化しつつ」

人それぞれだとは思いますが、

  • 転職と転職の間に全く休まない「0日」の人
  • 転職と転職の間に「1ヶ月以上」休む人

統計上ではいっぱい休む人、休めない人二極化がおきています。

20代から40代までのアンケートによると、8割の人が転職休暇をとれる様に計画し、転職をしています。

この最も大きな違いはなんでしょうか。。。

それは転職をとにかく早く始める事です。

例えば、よくある話ですが、

育児休暇明けに復職したけど、子育てと仕事の両立は難しく
土日祭日休むのも気が引け辞めました。
早速次の職場を探すべく就活。
面接で話したのに、いざ出勤してみると
違う調剤薬局の管理薬剤師になっている。
就職後に勝手に手続きされていたのだ・・・!
相談もなしに。。。
先が思いやれ、すぐに辞めて再度他の職場を探す事を決心。
しかし辞めようにも、また就活に時間も生活費もかかる。

次の職場転職までの間は全く時間を開ける事ができない。。。

といった悪循環です。

いくら念入りに職場環境や、実際休めるのか、調べても

仕事は実際やってみなければわかりませんが、

早く転職活動を始める事で失敗をできる限り減らす事はできます。

薬剤師の転職も時間が勝負(時は金なり)

前述の様に就活は時間が勝負です。

なぜなら
早く転職活動に動く事で仕事内容を吟味、またその仕事が本当にできるかの裏付けの時間、勤務地や現地を下見できる。
残業時間や休み、ボーナスと照らし合わせ本当に給与が納得いく額なのか計算できる。
次の職場までの時間を転職休暇として旅行にいける。
気の合わない転職エージェントを変更できる。
仮に転職に失敗したときに次に備える時間の余裕をもたせる事ができる
と多くあります。
転職にかける時間は一般的に3ヶ月~6ヶ月程度と言われています。

薬剤師求人サイトを選ぶポイント

  • 「とにかくいっぱい紹介してくるだけ・・・」
  • 「話をきいてくれていない・・・」
  • 「いまいち良い求人がみつからない・・・」

情報量が少ない求人サイトや、気の合わないエージェントを選ぶと転職活動に時間がかかる上、二度手間が増えます。

最初の求人サイトや担当エージェント選びはとても大切です。

失敗の可能性が高い求人転職サイトを選ぶ必要は言うまでもなくありません。

参考にならない薬剤師求人サイトの共通点

よくある求人サイトランキングをみてますと、どの求人サイトも同じ条件があります。

それが下記になります。

  • 登録は無料
  • 全国対応(大手)
  • 希望の職種職場ををみつけてくれる

上記の様な条件は前提条件として当たり前ですのであまり参考になりません。

登録が無料、全国対応は当然の条件として、希望の職種をみつけてくれないところはそもそも求人サイトではありません。

ではみていくポイントは?

ただ下記の3点においては求人サイト別にサービス力に差がでてきます。

  • 求人の情報量と求人情報の幅
  • 希望職種別に強い求人サイト
  • 担当者エージェントの評判(どうしても人と人との相性という点もありますが。。。)

となります。

求人の情報量と求人情報の幅が多い求人サイトが希望職種、条件別に強い理由

求人サイトである条件に絞り検索をすると表示される件数がでてきます。この求人案件数は各薬剤師の転職サイト間でもかなりの差があります。

薬剤師の職場は一般的な調剤薬局からドラッグストア、病院、診療所、一般企業、製薬会社、公的な学校施設、または在宅と幅広くあります。

また働き方も正社員、パート、派遣、派遣から正社員を見込む紹介予定派遣など

そして希望の条件として収入や経験がなくてもその職場が受け入れてくれるか、土日休み社宅や、認定薬剤師を取得していると?など

  • 働く場所
  • 働く時間や形態
  • 希望の条件

を組み合わせると何万通りもの絞り込み条件ができます。

これをまた都道府県や市区町村別に自分の住まいから通える範囲で絞っていくわけですから情報量が少ないとそもそも選ぶという選定ができません。

担当エージェントの評判

実際に希望の求人が見つかったり、転職の話を前に推めたい場合は求人サイトの担当者に相談する事になると思いますが、求人サイトによっておおまかな評判が別れます。よくありがちがなのが、「とにかく一方的に的外れな案件を五月雨式に紹介してくる」といった様な担当者です。

対、人と人のやりとりですので一概に評判が良い会社の担当者が自分にとって転職しやすい人であるかはその時の相性に頼ったりその担当者の経験によるところもあります。

しかし求人サイトも評判によって利用者の割合が変わるため、接客としてサービス向上につとめている会社に依頼する方が失敗を少なする事ができます。

薬剤師求人内容と担当エージェントがポイント

転職は求人を選ぶ、エージェントにサポートを依頼する。この2つで迅速に決定する事が可能となります。

しかし、自分の意図していない求人ばかり紹介してくる

  • 電話やメール、レスポンス、が遅い
  • 会話をしても噛み合わない
  • するとすぐに会う合わない

など 少しでも自分に合わないなと思う担当者にあたってしまったら、
他の求人サイトにかえる事を検討しても良いと思います。

転職エージェントの方とは一時のお付き合いですが、転職してその後長期にわたって働くのは自分自身です。

時間を無駄にしない様にしましょう。

そのためにも最初は2~3社登録し担当者と少しだけコミュニケーションをとり、第一印象や最初のやりとりからこの会社、この担当者ならと思えるところで転職活動を早く開始する事がポイントとなります。

nalki薬剤師の求人情報を探す場合は希望する求人の内容や、勤務形態や場所によって人材紹介会社ごとに特性が大きく違います。

特に求人の案件情報量といったところからすでに得意不得意といった分野がありますので、出来る限り自分の希望する情報を多く持っている求人サイトを活用する方がいいでしょう。
以下はおおまかな、薬剤師求人における便利なサイトをまとめたものです。

sagasu  勤勤務、社員勤務、調剤薬局や病院、ドラッグストア等に強い求人サイト

『ファルマスタッフ』で求人を探す >>

sagasu  遣や期、の薬剤師求人に最も強い求人サイト

『ファルマスタッフ』で求人を探す >>

sagasu  ートルバイト求人情報が豊富で選びやすい薬剤師求人サイト

『リクナビ薬剤師』で求人を探す >>

休める薬剤師求人とは

転職休暇を使って中長期の休みの計画をたてられるのも、

しっかりとした有給や休みのリズムを作る事ができるのも

求人選びと求人サイトまたそのエージェントによって決まります。

四季折々の旅行や休日に充電するためにもしっかりと求人サイトを選択することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です