薬剤師求人は飽和状態なのか不足状態なのか

  薬剤師 x 求人 ⇒ 飽和? or 不足?

薬剤師の求人倍率が高いのか低いのかという情報は双方で混在します。有るニュースでは薬剤師不足がささやかれ、ある書き込みでは薬剤師が飽和状態とかかれているのを目にします。

この双方の情報が混在する理由の一つは、地域で差がかなりあるという事と薬剤師の学生が少ない時期がありそれを補う形で多くの薬剤師学生が卒業した年があるとぴう理由があるからです。

薬学部学生が減った頃というのが、2004年頃から薬学部が6年制と徐々に移行になり学生が減りました。しかし薬学部薬学部の私学の新設ラッシュがおきたのが、2008年前後といわれており2014年前後にまた卒業する学生が増えるということにもなります。

また地域別ではやはり都心部に集中して就職を考えるという傾向があり都市部では求人倍率が高く、郊外から田舎に移行するにつれて薬剤師は依然として慢性的な不足がちな状態が続いている様です。

都心部で飽和する薬剤師の理由とは

都心部で薬剤師が飽和してしまう理由の一つに職場復帰等をする主婦層も多くいるという背景もある様です。薬剤師資格をもっていればそれなりの給与で近くのドラッグストアがあれば働く事ができてしまいます。

調剤薬局がドラッグストアに移行して役割を担う地域も多くあり、それほど高給与を望まないパート・アルバイトの形態での再復帰があれば人件費の事を考え求人募集が飽和してしまうという流れもある事が要因となっています。