ドラッグストアや調剤薬局、薬剤師の志望動機へのヒント

  薬剤師  x 志望動機 ⇒ (過去 x 現在 x 未来) x 整理

あらためて考えてみると、志望動機をまとめてうまく伝えるということが簡単ではないなと思ってしまう事はよくあります。いざ志望動機ってなんだろうと思っても、なんとなくそこで働きたいと思っている気持ちを上手に言葉にするということは簡単ではありません。

もちろん面接を受ける以上は採用される事が目的です。採用されやすいように自分の志望動機も整理して伝える必要があります。そこでまず始めにできる簡単な方法があります。ドラッグストアに限らない事ですが、志望動機を用意する上手な伝え方の一つは『過去』、『現在』そして『未来』の時系列の順番に整理してみることです。

例えば、

  ”過去”の経験にもとづいたお店でできること
  • 過去の接客アルバイトの経験
  • 調剤薬局で働いていた時の知識やスキル
  • 人間関係や学生時代に一生懸命取り組んだこと
  ”現在”何故そのドラッグストアを希望したか
  • そのドラッグストアが自分にとって魅力的だった点
  • 通勤経路等で自分にとってもメリットがあるということ
  • 実際に見学してみたときの感想
  ”未来”
  • ドラッグストアにとってこれからどの様な貢献ができていくのかを探る
  • 一般の職員とは違い薬剤師の資格と知識を利用した場合のメリットについて考える
  • 専門知識を活かして子持ちの主婦や年配の方の相談に気軽に答えたい等
  • セルフメディケーションにドラッグストア店員として協力できるスタンス等

 

アバウトではありますが、ドラッグストアで特別すごい事をしようという野望よりも実際に働いたときのお客さんとのコミュニケーションや地域との関係、そひてその仕事を楽しむ事ができるというアピールがいいかしれません。

調剤薬局でもドラッグストアでも同じ事ではありますが、雇用者が一番心配する点は結局すぐにやめてしまうのでは無いかという点です。ドラッグストアがおとのやり方や知識を研修期間としてその人に投資し、すぐに辞めたくなってしまうのではないかという雇用者の不安を取り除くというコミュニケーションの観点から、あまり多くの期待や理想を語るよりはそのお店に合っていると思って貰える方がいいでしょう。