昇給制度と退職金の事前確認を、薬剤師転職で失敗しないために

  失敗しないための薬剤師転職 ⇒ (昇給制度 x 退職金) x 事前チェック

求人詳細では確認しにくい、でも重要、、、となる2つの確認事項は『昇給制度』と『退職金』です。昇給制度はまだしも『退職金』ははるか将来の事で想像がつきにくいチェック項目かもしれませんが大切な部分です。なぜなら退職金が全く出ないという職場も少なくなく、それがあるかないかで、生涯年収が大きく変わってしまうからです。

そしてたずねるのであれば、面接を受け自分の希望の就職先の優先順位をつける前に確認しておきたいところです。というのも一旦入職してしまうと、『退職金はでるのですか?』『昇給制度は?』という事は中々聞けなくなってしいます。

初任給が高め、でもその後はとならないために

実際に薬剤師全体を見渡してみますと、昇給制度が少ないというところも多い様です。入職時の給与は比較的他の業種と比較すると高めなのに対しそれからのチャンスが少ないというシステムになってしまっている割合が多いといった企業が多い特徴があります。だからこそ事前に確認しておきたいという問題でもあります。

例えば薬剤師として働き始めた頃の年収は他の職業よりも高く、新卒でも430万円位支給されたとします。しかし、昇給額が毎年新年度になる度に例えば公務員の様な年功序列の上昇が額と比べると上昇しにくく、ある点で他の職業が追いついてしまうことが少なくなくありません。

薬剤師の勤務場所で昇給システムが大きく違う?

薬剤師としての勤務地出来る場所は調剤薬局からドラッグストア製薬会社と様々でその昇給制度にはかなりの差がありますので一概にどの職場が将来的に優れているということはありません。自分が成果制度の昇給システムが優れていう企業が適しているのかそれとも年功序列で除々に昇給していくという職場が自分に合っているのかという部分も選定要素の一つに入れる事が大切かもしれません。

 

薬剤師求人に応募前に必ずドラッグストアを見に行く理由

  薬剤師 x ドラッグストア ⇒ 応募前に現場を入念にチェック

なるべくお客さんと近い接客がしたくて調剤薬局ではなく、ドラッグストアを選ぶという人も少なくないかと思います。しかしドラッグストアこそ求人情報や要項だけではなく実際に見に行ってどんな忙しさや雰囲気かを確かめるべきでしょう。

  • 従業員同士のコミュニケーション
  • 従業員の表情
  • 調剤と接客の割合
  • 人数の配置具合

ドラッグストアでは調剤業務と接客業務が混在しているという勤務場所が少なくありませんが。むしろそのような職場を望んでいるという人も多いとは思うのですがどちらにしても少しは落ち着いて仕事がしたいものです。

忙しすぎる職場をしっかりとチェックする重要性

人件費を削減するあまり、若しくは求人等で人が集まらないあまりにテンヤワンヤとなりしっかりとした接客でOTCも学んで、薬剤師としての技術や知識も提供できたらと思っていたにも関わらず、結局・・・

という事にもなりかねません。

例えばレジが混んでいれば調剤室をかけだしてレジへ行かなければならないしその逆の繰り返しでアルバイトも全く募集してくれないので少ない人出でとにかく品出し、と在庫チェック、気づいたらなりたくもない店長になっていて、、、という可能性もあります。

もしそのような将来が待っている求人募集であれば悪夢であすが、全てがそのような職場ではありません。しっかりと事前にその職場で働いている人員や店長と思われる人、とその周りで働く人がどの様な気持ちで働いているかを現場に赴いてしっかりとチェックする事が重要と言えます。

逆に言えばしっかりお客さんのふりをしてチェックに行けるのはドラッグストアの強みと言えます。