ドラッグストアの薬剤師、サプリメントのアドバイスで一歩進んだ接客を

  薬剤師 x 接客 ⇒

nomu

的確にアドバイスできる薬局医薬品のようなものと違い、厳しい試験や規格のないサプリメン卜は品質もさまざまです。

その意味でもサプリメントに関しては、さらに踏み込んだアドバイスをしてくれる薬局や接客が必要です。

消費者にとってはサプリメントで得られる効能を期待して購入するのでしょうが、それと同時に安全性も指南してくれるという事はかなり助けになる接客の一部となります。

サプリメントの効能や危険性、副作用の有無について指南することはできますが、サプリメント系の商品を多く扱うドラッグストアではよりその接客の意味は重要と言えます。

薬局薬剤師でもサプリメントとの組合わせのアドバイスが活きる

サプリメントは医薬品のような厳しい試験や規格がありませんので、市場に出回っているものの品質は実にさまざまです。正しくサプリメントの知識をアドバイスし、選んでくれるような薬局の存在は大きいでしょう。

薬局薬剤師のアドパイス薬剤師がサプリメントのアドバイスをしてくれるメリットは、医薬品のこともわかっているということです。サプリメントユーザーの中には医薬品を飲んでいる人も多くいます。サプリメントの中には、ある医薬品との飲み合わせで健康被害が起こることもありますか。薬劑師がサプリメントのアドバイスに積極的に取り組むことは、愚者さんの薬物療法の質を上げるなど、リスクマネジメントにもなるのです。

薬局やドラッグストアでの薬剤師接客の可能性について

いくら薬剤師としてサプリメントの効能や危険性そして医薬品との組み合わせに関してのアドバイスをしようと思っても、仕事量が多すぎてそんな余裕がない職場であったり、そのような接客を心がけるべきではないといった雰囲気の職場であれば働き辛いのは言うまでもありません。

一歩進んだ接客といえば一般の飲食や商店では当たり前の事ですが、どうしても事務的になってしまっているという職場は多くあります。自分が働きたい接客が実際にできている職場であるのかどうかという所も含めて薬剤師の求人を選んでいくというスタンスも大切です。