昇給制度が整っている薬剤師の職場は?

給与給料に関しては1か月生活できる手取りがあるなら、入社時はそれ以上は望みません。
昇給の制度があるかどうかは確認します。

一生懸命働いても、実力を認めてもらえないと、なかなかモチベーションも上がりませんので、重要なポイントですよね。ただ、正社員として働くにあたって大切なのは、職務内容だと思います。

どんなに福利厚生が充実していても、給料がそこそこでも、職務内容が自分の嫌いなものだと続けるのが難しくなってくるからです。

しかし昇給制度がしっかりしている職場は薬剤師業界では少ないという現実や声も多く聞きます。その理由は病院が赤字であったり、評価制度が整っていなかったりと様々ですが人件費抑える事が経営だと考えている責任者の下や経営者の元で働くとある意味無限ループの様に昇給が見込めない環境になり、解決策が転職しかないと考えるケースも少なくありません。

昇給制度が整っている傾向が強い職場

一概に言う事はできませんが、昇給制度を見極めるポイントは2つあります。

  小規模企業>中規模企業>大規模企業
  ドラッグストア>調剤薬局>病院

ブラック昇給制度がしっかりしているかしていないかは企業にとっては人材確保のカギとなります。しかし小規模企業や個人経営になればなるほど、慣れ合いになり昇給制度が整っていない傾向が強い様です。

かつては大規模な企業であれ昇給制度が整っていあにところは多くありましたがそれでは企業拡大が難しいとしっかりとわかりやすい昇給制度を整えている企業が増えています。しかし一方で残業がひどく、昇給すればするほどブラックになるという企業もありますのでその辺の見極めはとても重要です。

またどちらかというと、ドラッグストアが最も昇給制度が整っている傾向があり、病院勤めでここ数年給与があがった事があないという人が多い様です。長期的に働きたい職場を見つける事を考えるとやはり事前調査は必須となるでしょう。

やはりスキルをつけて転職か

転職同じ場所で長期間働いているという事はある意味財産でもあり、昇給制度がしっかりしていればその場所を離れる事はもったいない事にもなります。しかし昇給制度がしっかりしていればという事です。上司や自分より長く働いている人の給与がそれほど上がっていなければ、自分もそのレールにのっている事にもなりかねません。

転職をしたからといって必ずしも昇給制度が整っている場所で働けるという保証はどこにもありませんが、薬剤師が不足している現状では

  転職=昇給

と考えて身の置き方を考える対策もありかと思います。

認定薬剤師は役に立つ?資格を活かして転職をする

  認定 x 薬剤師 ⇒ 転職

2014-03-13_144622『認定薬剤師』というような名称でいくつかの団体が薬剤師に対して認定制度を行なっていますが、(財)日本薬剤師研修センターが認定する研修認定薬剤師制度が、現在は最も公的な認定といえるでしょう。

これは、免許取得後の薬剤師が一定期間内に集合研修や自己研修などにより定められた単位を修得し、資質向上の努力を継続しているという努力に対して、認定薬剤師証を発行することで、そのー定の能力を証明するという制度です。
研修認定薬剤師は自主的に生涯学習を継続しており、常に時代に即した薬学的ケアを行なえる薬剤師であるといえます。

医療技術は日進月歩であることはいうまでもありませんが、同様に薬剤師も常に最新の薬学を吸収し、薬に関しての知識や技能を身につけていなければなりません。人によって新しい知識を入れる時間があるのかないのかという事はライフスタイルによって大きく変わって差が出てくる所でもありますが、学生の時に学んだ事を活かしながら高度化する医療分野で社会のニーズに応えるためにもなんとか時間を作って自分の知識をアップデートしていくことも必要となるでしょう。

高度化する医療分野で薬剤師としての責務を果たすためには生涯にわたって学習が必要となるという事かもしれません。その様あな薬剤師としての勤めを果たす事をしやすい様に、仕事が終わってからの時間あるいは日曜日や休日といった時間でも講習会がたくさん開催されており、大勢の薬剤師が参加しています。

2002年にフンスで開催された「第62回国際薬剤師 ・ 薬学連合会議」では、「薬剤師が生涯にわたって職能的な知識 ・ 技能を維持するためには個々の薬剤師が、あらゆる機会を選捉えて積極的に知識 ・ 技術を取り込むことか重要で、従来の教育される立場から、自己責任で積極的に自らが能力開発を行なっていくことが必要である」という声明が出されました。

認定薬剤師の資格は薬剤師の転職に役に立つか

認定薬剤師の資格があることはもちろん転職活動にも大きく影響します。仕事をする上で新しい知識を吸収しているという姿勢もこの『認定薬剤師』を取得することでプラスの評価を受ける事ができる事は言うまでもないでしょう。

また『認定薬剤師』を持っているという事が将来的な昇給や給与に影響を与えるという職場も多くあります。プラスアルファで時間を割いて勉強をすることは簡単なことではありませんが、一歩進んだ薬剤師としての仕事ができるようにもなりますので、学んでみるのもいいかもしれません。

昇給制度と退職金の事前確認を、薬剤師転職で失敗しないために

  失敗しないための薬剤師転職 ⇒ (昇給制度 x 退職金) x 事前チェック

求人詳細では確認しにくい、でも重要、、、となる2つの確認事項は『昇給制度』と『退職金』です。昇給制度はまだしも『退職金』ははるか将来の事で想像がつきにくいチェック項目かもしれませんが大切な部分です。なぜなら退職金が全く出ないという職場も少なくなく、それがあるかないかで、生涯年収が大きく変わってしまうからです。

そしてたずねるのであれば、面接を受け自分の希望の就職先の優先順位をつける前に確認しておきたいところです。というのも一旦入職してしまうと、『退職金はでるのですか?』『昇給制度は?』という事は中々聞けなくなってしいます。

初任給が高め、でもその後はとならないために

実際に薬剤師全体を見渡してみますと、昇給制度が少ないというところも多い様です。入職時の給与は比較的他の業種と比較すると高めなのに対しそれからのチャンスが少ないというシステムになってしまっている割合が多いといった企業が多い特徴があります。だからこそ事前に確認しておきたいという問題でもあります。

例えば薬剤師として働き始めた頃の年収は他の職業よりも高く、新卒でも430万円位支給されたとします。しかし、昇給額が毎年新年度になる度に例えば公務員の様な年功序列の上昇が額と比べると上昇しにくく、ある点で他の職業が追いついてしまうことが少なくなくありません。

薬剤師の勤務場所で昇給システムが大きく違う?

薬剤師としての勤務地出来る場所は調剤薬局からドラッグストア製薬会社と様々でその昇給制度にはかなりの差がありますので一概にどの職場が将来的に優れているということはありません。自分が成果制度の昇給システムが優れていう企業が適しているのかそれとも年功序列で除々に昇給していくという職場が自分に合っているのかという部分も選定要素の一つに入れる事が大切かもしれません。