薬剤師の有給休暇が多い求人、そして有給休暇をとるには

有給休暇求人を選ぶにあたって気になるのが、有給休暇はあるか、もしくはとりやすいか?という点です。

一般的には病気、葬式、レジャー、家族の体調不良などのために、どうしても会社を休みた時は有給休暇があれば有り難いですよね。ですが、ブラック企業ではそんなものは名前だけの存在か無いに等しい環境であることが多々あります。

有給休暇を阻害するもの

  • 人数ギリギリの職場
  • 小規模経営
  • 経営者の考え方
  • 同僚に迷惑がかる気負い

有給休暇をとりにくい理由は色々ありますが、例えば

ブラック企業小規模経営者の個人調剤薬局で人数ぎりぎりで回しているため、休むとなると確実に同僚に迷惑がかかる。その上その経営者が労働基準法を守っている薬局なんてないだろという経営者の考え方の持ち主・・・』

なんて事があります。

ここまで極端でないにしても、人数ギリギリという項目が1つあるだけで有給休暇なんて・・・という雰囲気に飲まれる事は言うまでもないでしょう。

調剤薬局は有給休暇が取りにくい?

主に薬剤師が働く場所となっている、調剤薬局、ドラッグストア、病院となりますと

  調剤薬局 ⇒ ドラッグストア ⇒ 病院

気に入る職場じゃなかったの順番で有給休暇がとりにくいという意見が多い傾向にあります。その最も大きな理由としては、先ほどの様に交代要員がいるかいないかという側面が大きい様です。ドラッグストアや調剤薬局はシフト制になっているところが多く、病欠をすると数少ない週休を削られてしまったり、同じ職場で勤務する人の休日がなくなってしまったりと波紋が大きく有給休暇どころか普通の病欠でさえ・・・と躊躇う状況にある事も少なく無い様です。

ドラッグストアではパートが多くいればそのパートさん達で調整がきく事も多い様ですが、開業調剤薬局でその経営者がブラックな人であると『有給休暇をとらせている企業なんてどこにあるの?』ばりに有給休暇がとり辛くなるそうです。

有給休暇が多い求人を探すにはそして有給休暇をとるには

旅行まとめますと、有給休暇が多い求人を探すには上記の有給休暇を阻害するものがあるかないか、どちらかと言えば大きな、公立等の法律遵守に気持ちが強い病院の方がとりやすいという事になります。

また

有給休暇に関しましてはある程度思い切りが必要です。

有給休暇は貰うものではなく、とるものという意識です。有給休暇は法律で当然与えられた権利ですが、その職場の雰囲気や当たり前の基準のズレによりとりにくくなります。ある程度の思い切りと主張が無いと有給休暇は一生とれないスパイラルという事にもなりかねません。

その意味でももう一度

有給休暇は取れないのではく『とるもの』という意識と少しの勇気が必要かもしれません。

 

薬剤師のサービス残業、入職する前に確認するには・・・

薬剤師求人薬剤師の職場でも余裕がある働き方ができる場所がどんどん減ってきています。アルバイトと違って、採用されると長く続けないとその先も損になってしまう正社員登用。

職場を選ぶ基準も難しく判断を間違えると長期的に苦しい思いをすることにもなりかねません。まず、正社員として働くにあたって一番気になるサブ項目はやはり福利厚生かと思います。

社会保険
健康保険
雇用保険はどうか・・・

有給休暇は取得できるか、月に何日出勤で何日休みが取れるか、などです。

しかしもっと注目しておきたい点は残業代がでるかでないかです。

サービス残業求人広告を観るときにははっきりと残業代がでる、出ないを記載しているという企業は多くありません。しかし残業代が出るのかどうかは確認しておいた方がいいでしょう。

求人広告にある勤務時間は残業があったりするので、あまり重要視しない方がいいかもしれません。働いてみて初めて気づくというケースも多い様ですが、1つは職場環境やその風土等があります。

例えば

  • 薬歴書くのはスキルの内の1つで時間内に終わらせるのが当たり前
  • 自分の仕事の遅さで時間外を付けるのは禁止
  • その人の仕事のスキルで遅くまで時間外を付けるのは不公平だと言う人がいる

残業代を出す出さないという始めからの契約というものもありありますが、その職場の雰囲気で申請しにくい環境を作り出しているケースは少なくありません。じゃあこれどうやって調べればいいのかって思いますが、

  1. そこに勤務ひているい人、または勤務していた人からきく
  2. 信頼できる転職コーディネーターから情報を貰う

といった方法になるでしょう。採用する側からしたら、人材不足の中応募が減る情報が外に漏れるような仕組みや穴はあまり作りたくありません。しかし一方で残業代もしっかり出すし、人材育成にチカラを入れ人を大事にしたい企業もあります。

それを見分けるにはやはり口コミ情報を整理するのが一番かもしれません。