薬剤師の在宅訪問医療の求人の探し方

  薬剤師 x 在宅訪問 ⇒ 在宅医療薬剤師

在宅薬剤師

看護師の在宅訪問医療と言えば広く知られています。その反面あまり多く知られていませんが、薬剤師が高齢者や介護老人者の家に訪問し療養生活をサポートするという仕事もあります。主な仕事内容としては、健康管理に影響する薬剤の与える影響をサポートするために直接家まで赴き、

  • 薬剤の保管状況のチェック
  • 薬剤を重複して服用していないか
  • 飲み忘れるや飲み過ぎがないか
  • 副作用等のチェック
  • 薬剤の知識を深めてもらう

等があります。また医師や介護者と連携を行う事も少なくありません。例えば家族や介護者から薬局から相談依頼がきてから、その被介護者の住宅に向かうという流れが多い様です。

在宅訪問薬剤管理の求人の探し方

在宅訪問の薬剤師としての仕事の探し方は一般の薬剤師の人材紹介会社を利用することで探す事ができます。求人の条件として在宅訪問がはいっている事を担当者に伝える事でその種の求人を優先的に紹介してくれます。

使いやすい人材紹介会社としては、

薬剤師ではたらこ、薬剤師プロ、ヤクジョブ』等があります。地域や勤務形態で求人情報の量差があるので、同時登録後、各担当者からの連絡で良い求人案件を選ぶという方法が良いかと思います。

薬剤師と看護師求人の今後

薬剤師と看護師は同じ医療業界ですが、その人材の飽和や需要には大きく差がでてきている様です。その背景には法律の改正や高齢化社会等が大きく影響しています。

薬剤師は大学での就学期間が改正されたことにより人材不足が懸念されてた事もありますが長い目でみると様々な薬の規制緩和やインターネット上での注文ができるという効率化が図られる事により人材があまりいらない環境が多くなってきています。

そのためドラッグストアや薬局での給与や時給はこれから少しづつ下がっていくのではないかという事も言われています。そいに対しどうしてもマンパワーが必要となる看護師は今でさえ不足気味の状態ですが、これから尚不足に拍車がかかるのではなきかとさえ言われています。

業務内容的には薬剤師は薬と向きあう時間が長く、看護師は人と向きあう時間が長い業務になりますが、薬剤師でも人と向きあう時間を長く持つ事とそのスキルを磨くという事がこれから必要になってくるかもしれません。

学校で働く、学校薬剤師の求人を探すには

  薬剤師 x 学校 ⇒ 学校薬剤師

school

薬剤師での働き方の1つに学校薬剤師というものがありま。あまりなじみのない名前でそんな職場もあるのと思った方も多いのではないでしょうか。

学校保険法という法律できちんと定めらりれた職務なのです。小学生や中学生のとき、夏に白衣を着てプールの水を汲んでいった人をなんとなく覚えている方も多いと思います。それは学校薬劑師です。

学校薬劑師の仕事は、

  • プールの水の検査
  • 飲料水の検査
  • 照明環境や騒音環境
  • 教室内の空気の検査
  • 給食室の衛生管理のチエック

などを行ない、学校環境衛生にー貝献しています。

定期環境衛生検査 日常点検
照度および照明環境 明るさとその環境
騒音環境および騒音レべル 騒音
教室等の空気 教室の空気
飲料水の管理 飲料水の管理
雨水等利用施設における 雨水等利用施設における
水の管理 水の管理
学校給食の食品衛生 水泳プールの管理
学校給食の衛生管理 水泳プールの管理
排水の管理 排水の管理
?学校の清潔 学校の清潔
黒板の管理 黒板の管理
机、いすの整備 机、いすの整備
水飲み ・ 洗口 ・ 手洗い 場 ・ 足洗い場の管理
便所の管理 ごみの処理
ネズミ、衛生書生等 水飲み ・ 洗口 ・ 手洗い
場 ・ 足洗い場の管理 便所の管理
ごみの処理 ネズミ、衛生害虫等の駆除

また、保健室の医薬品や理科用薬品の管理などでも専門知識を発揮しています。

活動時期は主に夏休みなど生徒のいない時間ですので、なかなかその活動を見るこ七はできませんが、安全な教育環境を維持するために地道にがんばっているのです。

学校薬剤師求人の探し方

sagasuそんな学校での薬剤師の仕事を探すには、どのような探し方をすればいいのかといいますと、1つには特に募集が多い職場ではありませんので、求人サイトを活用するといいでしょう。

また学校薬剤師は依頼者が学校法人であったりするので、派遣等の形式をとっているというところも多くあります。当サイトでは紹介済みですが、

派遣での仕事は『薬剤師プロ』

正社員は『薬剤師ではたらこ』

といったところが強いのでこの2つを利用して転職活動をするといいと思います。なつかしの学校で働くというのもなにかあらためて新鮮な気もしますし、人間関係等で悩む割合も比較的少ないかもしれません。

 

薬剤師求人は飽和状態なのか不足状態なのか

  薬剤師 x 求人 ⇒ 飽和? or 不足?

薬剤師の求人倍率が高いのか低いのかという情報は双方で混在します。有るニュースでは薬剤師不足がささやかれ、ある書き込みでは薬剤師が飽和状態とかかれているのを目にします。

この双方の情報が混在する理由の一つは、地域で差がかなりあるという事と薬剤師の学生が少ない時期がありそれを補う形で多くの薬剤師学生が卒業した年があるとぴう理由があるからです。

薬学部学生が減った頃というのが、2004年頃から薬学部が6年制と徐々に移行になり学生が減りました。しかし薬学部薬学部の私学の新設ラッシュがおきたのが、2008年前後といわれており2014年前後にまた卒業する学生が増えるということにもなります。

また地域別ではやはり都心部に集中して就職を考えるという傾向があり都市部では求人倍率が高く、郊外から田舎に移行するにつれて薬剤師は依然として慢性的な不足がちな状態が続いている様です。

都心部で飽和する薬剤師の理由とは

都心部で薬剤師が飽和してしまう理由の一つに職場復帰等をする主婦層も多くいるという背景もある様です。薬剤師資格をもっていればそれなりの給与で近くのドラッグストアがあれば働く事ができてしまいます。

調剤薬局がドラッグストアに移行して役割を担う地域も多くあり、それほど高給与を望まないパート・アルバイトの形態での再復帰があれば人件費の事を考え求人募集が飽和してしまうという流れもある事が要因となっています。

薬剤師求人に応募前に必ずドラッグストアを見に行く理由

  薬剤師 x ドラッグストア ⇒ 応募前に現場を入念にチェック

なるべくお客さんと近い接客がしたくて調剤薬局ではなく、ドラッグストアを選ぶという人も少なくないかと思います。しかしドラッグストアこそ求人情報や要項だけではなく実際に見に行ってどんな忙しさや雰囲気かを確かめるべきでしょう。

  • 従業員同士のコミュニケーション
  • 従業員の表情
  • 調剤と接客の割合
  • 人数の配置具合

ドラッグストアでは調剤業務と接客業務が混在しているという勤務場所が少なくありませんが。むしろそのような職場を望んでいるという人も多いとは思うのですがどちらにしても少しは落ち着いて仕事がしたいものです。

忙しすぎる職場をしっかりとチェックする重要性

人件費を削減するあまり、若しくは求人等で人が集まらないあまりにテンヤワンヤとなりしっかりとした接客でOTCも学んで、薬剤師としての技術や知識も提供できたらと思っていたにも関わらず、結局・・・

という事にもなりかねません。

例えばレジが混んでいれば調剤室をかけだしてレジへ行かなければならないしその逆の繰り返しでアルバイトも全く募集してくれないので少ない人出でとにかく品出し、と在庫チェック、気づいたらなりたくもない店長になっていて、、、という可能性もあります。

もしそのような将来が待っている求人募集であれば悪夢であすが、全てがそのような職場ではありません。しっかりと事前にその職場で働いている人員や店長と思われる人、とその周りで働く人がどの様な気持ちで働いているかを現場に赴いてしっかりとチェックする事が重要と言えます。

逆に言えばしっかりお客さんのふりをしてチェックに行けるのはドラッグストアの強みと言えます。

薬剤師の短時間勤務が見つからない時の探し方

  薬剤師 x 短時間勤務 ⇒ 求人サイト x 直接探してもらう

一般的な労働時間は1日8時間といったところが相場です。場所によってはそれに加えて、残業時間が加わります。薬剤師の平均労働時間は月177時間と言われており、他の職種と比べると短い方だとは言い切ることはできません。

ただ短時間の勤務で働く事ができる求人情報がないという訳ではありません。実際に探すとそのような求人はあります。例えばある求人サイトの求人募集要項の内容を参考にしますと、

  • 勤務時間:3~4時間
  • 時給:1900円~2300円
  • 交通費支給、日曜日、祝日は休み

という求人がありました。勤務開始は夕方からとなってりこの求人情報は駅ナカになるとの事でアクセスにも便利な環境に有るようでした。一週間の出勤日数も交渉ができるとの事で短時間勤務と月の出勤にお平均日数も調整が効く様な感じの募集要項となっています。

この様な短時間の求人は全体の求人数の割合からは決して多いとはいえませんが、よく探す事で全く見つからないということもありません。

短時間勤務が見つからないという場合は

ただ地域によっては短時間勤務が少ないというケースもあります。その様ば場合にはアプローチの方法を変えると上手く行くこともあります、というのも短時間勤務でも採用したいにも関わらず求人自体をだしていないという場合であったり、求人検索で短時間勤務という項目が無いという場合があるからです。

調剤のシフトを組むという場合等は短時間であっても出勤してくれのであれば調度良いシフトが組めるので助かるという職場は少なくありません。しかしそのような職場であったとしたも常勤や正社員の8時間勤務で掲示しているというケースがあるからです。

掲載情報が全ての条件とは限らないので直接交渉をお願いする

情報が求職者に上手く伝わらないのが原因で雇用者が欲しがっているにも関わらず求人情報を求職者が見つける事ができません。そのときに最もその情報を見つけやすい方法とは、求人サイトの担当者にそのような求人情報を求めているところを実際に聞いてみることです。

人材紹介会社の担当者は短時間勤務でも働き手を求めているドラッグストアや薬局に足を運んでいるので情報を聞き出す事ができるので実際交渉レベルで情報を引き出す事ができます。短時間なら求職者いるということを伝える事でその雇用者がOKを出すとい事は少なく有りません。

薬剤師の求人情報はハローワークかそれとも求人サイトか

  薬剤師求人検索 ⇒ ハローワーク or 求人サイト

求職活動をする場合に一つ迷うのが、インターネット上で検索ができる求人サイトにすべきかそれとも求人サイトにするべきかという点です。まず確認しておきたいところですが、転職活動や求職活動の最大の目的は将来的にも長期的にも給与面や待遇面自分がここを選んで良かったという勤務場所を見つける事という事です。

求職活動の時間効率を考えて行動をするメリット

ハローワークのデメリット >>

  • 遠方の情報を集める事に関しては向いていない
  • 事業所に行くまでの労力がかかる

ハローワークのメリット >>

  • 公共の事業所という事からの安心感がある
  • 地域によっては求人の選択肢も豊富

ハローワークの求人情報はどちらかというとその地域の情報が集まる傾向が強くあります。つまり引っ越し等で遠くの地域の情報を集めたいという時には向いていません。また情報をあつめる事に関してはどうしても、そのハローワークの事業所に足を運ばなくてはならないという労力面でのデメリットもあります。

それに対して求人サイトは全国規模の求人を確認でき労力も人材紹介会社の人がサポートしてくれるという点からハローワークで求職活動をする事と比較しますとそれほど労力がかかりません。

求職活動は将来を決める大切な分岐点にもなりますので、労力がかからないという点だけで選択をするということ自体があまり良いスタンスではありませんが、効率的に行動することでより多くの情報をから自分にあった職場を選択することができます。

求職活動の時間配分は求人案件情報の深堀りに使う

自分の気に入った求人案件に関しましては、そのお店の雰囲気や従業員の働き方、または通通勤経路といった部分もなるべくチェックしておきたいところです。しかし溢れる求人案件情報から優先順位を付けなければなりませんので出来る限り現場の情報やその職場についての情報を深く掘り下げる情報収集の時間を残して置くこともポイントとなります。

特にドラッグストア等の大手チェーンの中には人件費を削る事が企業風土となってしまているという危険もあります。そのようなブラックな環境ではないのかという点は求人情報の勤務時間や待遇だけではまずわかりません。

ハローワークのメリットと時間の使い方

ハローワークを使うに越したことはないのですが、一つ考えておきたい事は時間があまりなかったりその求人情報の深堀りをしたいという時にはあまり向いているとはいえません。多くの求人情報でハローワークの求人案件の方が自分に結局あっていたという可能性は必ず残ります。

しかし優先順位的にはハローワークを利用する事が後の方が効率的に情報を整理することができます。余った時間でハローワークでの求人を探すという観点からもアプローチシてみるという方法が最も効率的ではないかと思います。

薬剤師求人の勤務地の給与平均の大まかな目安

薬剤師の平均年収や平均月収に関する情報です。地域差は有るようですが、全国の平均値を掲載しました。時給に関しては残業が加わればそれだけ給与が増加する事にもなりますので問題は無いのですが、正社員は賞与や労働時間、また残業代がしっかりと支払われるかという点もポイントとなります。

  • 薬剤師の平均年収:529万円
  • 薬剤師の平均月収:37万円
  • 薬剤師の平均時給:2154円

例えばドラッグストアで働いている店長クラスの店舗責任として人件費の削減が掲げられていれば自分の労働時間を削りその目標を達成する環境という企業もあっておかしくありません。

薬剤師の勤務場所による平均年数の目安になります。

 

調剤薬局 400万円 650万円
ドラックストア 400万円 700万円
病院 400万円 650万円
製薬会社 400万円 800万円

薬剤師の給与としてはどこもスタートが400万前後となっている事が特徴ですが、その後の平均上限額に差がある事がわかります。ドラッグストアが多少平均年収が高いと言われている事が50万円の差に現れてますが、店長としての職務の労働時間がどの程度かというところが気になります。

また製薬会社はその700万円の平均年収をさらに100万円上回る平均年収ですが、ノルマや営業による成果主義の傾向が有るためにトップの年収は自然と高くなる傾向にもあります。

パート・アルバイトの薬剤師求人に強い求人サイトは

求人サイトの種類には派遣に強かったり、常勤勤務に強かったりと色々ですが、薬剤師のパートアルバイト求人を探す際に特に役に立つ求人サイトとはどこでしょうか。求人サイトを探す場合に特に注目うべきポイントは求人案件の数です。

常勤等の長期勤務の求人と比べて、採用率が高いのでできるだけ幅広い選択肢が有る方がよりよい求人を見つけやすいからです。 しかし一見した求人サイトの公開求人は常勤や派遣といった正社員登用のものから派遣まで様々な雇用形態の求人が複数同時に求人サイト内に入っています。

そこで薬剤師の主要求人サイトの求人案件の中でもパート・アルバイトに関する求人案件数のみを比較し一覧表にしてみました。

求人サイト名 参考パート・アルバイト求人案件数
ハローワーク  不明
メディプラ 薬剤師 10003件
ジョブデポ 薬剤師 4863件
薬剤師プロ 1886件
薬剤師のお仕事 不明
メディカル NEXT 不明
薬剤師ではたらこ 699件
薬剤師求人マップ 6592件
メディ・ベア 不明
ファーマジョブ 不明
CBnet Pharmaciast 4342件
リクナビ薬剤師 951件
ヤクジョブ 10134件
ファーマ人材バンク 9192件
医療人材ネット 21件
m3.com 不明
メドフィット MED+Fit 不明
マイナビ薬剤師 不明
MCファーマネット 520件
メディウェル薬剤師転職ドットコム 3933件

求人案件数は勿論時期によって多少変化します。常勤や正職員といった求人案件数を比較しますと薬剤師ではたらこが情報量やサービス内容ともに最も優れていましたが、パート・アルバイトではヤクジョブの求人情報量が多く選択肢を豊富に利用することができます。

ヤクジョブは医療系の人材紹介会社として幅広く情報提供をしているので求人サイトも使いやすく薬剤師のパート・アルバイトの求人に関してはまずここから探すといいかもしれません。

薬剤師ドラッグストア求人のOTCのみと調剤併設の割合

OTCとは「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略語で『カウンター越しに接客をする』仕事のみという意味にになります。例えば、OTC医薬品といえば一般用医薬品、つまりドラッグストア等で販売されている医薬品の事を指します。

主にドラッグストア」の求人募集に『OTCのみ』といった表記で掲載がされます。逆に『OTCのみ』でなければ何があるのかと言いますと。『調剤併設』といった表記でカウンター越しの接客ばかりではない求人募集となります。

OJTのみの求人と調剤併設の求人の割合

ではそのドラッグストアでの求人のうちOJTのみと調剤併設。つまりドラッグストアの中でも調剤が業務が伴う求人と接客のみの求人の割合というのはどの程度あるのでしょうか。ある求人サイトAを例にとりますと下記の表の様に9割以上が調剤併設の求人募集となっています。

ドラッグストア求人 件数 割合
調剤併設 1830件 92.9%
OTCのみ 139件 7.1%

昔はドラッグストア等という店舗も少なく、薬を購入しようとすると必ず小さい薬局だったのですがいつの間にか殆ど飽和状態となり、右肩上がりを順調に続け現在の市場規模は4兆円を超えるそうです。

ある地域にドラッグストアができるとコンビニ級に重宝した時代は既に懐かしく、今一般的な医薬品のみの陳列ではコンビニ等の店舗と差別化が難しいのかもしれません。給与の差も時給換算で400円程の差がでるという様子も伺えます。